2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〜幼児教育を受けた人のその後〜

1 :可愛い奥様:02/11/01 07:30 ID:flHsLfrk
自分が幼児教育を受けた人っていますか?
もしくは知り合いで。
その後どういう人生だったか教えて下さい。

2 :可愛い奥様:02/11/01 07:35 ID:8K4BQg11
うけた。
人それぞれ。
私は某国立大でたけど、それだけ。
普通のチュプです。

3 :可愛い奥様:02/11/01 07:35 ID:8K4BQg11
2だったよ・・・

4 :可愛い奥様:02/11/01 07:41 ID:bzVDkp3F
東京大学付属幼稚園に行ってたよ!
悪いか?

5 :可愛い奥様:02/11/01 07:44 ID:flHsLfrk
>2
子どもの頃はやっぱり成績良かったですか?
どんな幼児教育受けてました?

6 :可愛い奥様:02/11/01 07:48 ID:flHsLfrk
知り合いは、赤ちゃんの頃から親に絵本を読んでもらい家には絵本が山のようにあり、
幼児教育をみっちりされていたそうです。
親には「女でも勉強して立派な職に付くべき」と言われていたらしい。
でも若くして結婚して今は普通の主婦。話してると記憶力いいし、頭いいから勿体ないなーと。

7 :可愛い奥様:02/11/01 08:07 ID:flHsLfrk
今時の子は幼児教育受けてる子が多いけど、親が期待しすぎのような。

8 :院捻花子 ◆INNENiV1dI :02/11/01 08:10 ID:rlFtgAvO
幼児教育ってどんなこと?
お腹にいる時からモーツァルト聞かせたりとか?

9 :可愛い奥様:02/11/01 08:13 ID:Y/xLdyOe
幼児教育ってどんな事するの?
東京こどもクラブを聴かせるとか?

10 :可愛い奥様:02/11/01 08:19 ID:Y/xLdyOe
家庭保育園のことか。

11 :可愛い奥様:02/11/01 08:27 ID:pFYdcLRS
2歳の息子がいます。
家の近くに英語で授業(数学、科学、物理など)を行っているという
幼稚園があります。遊び中心、というより勉強中心です。教師は全員
英語圏の人間。2歳の子でもきちんと椅子に座って1コマ40分ぐらいの
授業を受けているといいます。最初の数日は椅子に座っていることができず、
授業中フラフラ歩き回ったりしてしまうらしい(当然だよね)のですが
さすがの2歳児も、「みんな座って大人しく授業を受けている」という
雰囲気に呑まれ、そのうち座って聞けるようになってくるようです。
朝10時ぐらいから午後3時までびっちり授業。親たちは別室で授業中の
我が子の様子をモニタリング。小学校に上がる前には、かなりの集中力、理解力
がつくんだそうです。月謝は7万円。頑張ればなんとかなる額かとは思いますが
(かなり無理して)そういうところに通わせているのは上流家庭のみっぽい(駐車場にはベンツの
Sクラスとか、そんなんばっかです)。
そういうところで子供に教育を受けさせるのが必ずしも最善ではないでしょうが、
親が庶民なばっかりに、せっかく持っているかもしれない息子の能力を早いうちから
引き出してやれないのはなんだか不甲斐ない気もして・・・


12 :可愛い奥様:02/11/01 08:46 ID:flHsLfrk
>11
小さい頃から椅子に座って勉強がそんなに大事なんだろうか。
私ならあえて遊ばせるだけの幼稚園に入れたいけど。
幼児教育はそんなに将来左右する程の影響力があるのか知りたい。

13 :院捻花子 ◆INNENiV1dI :02/11/01 08:52 ID:6n+5iS7v
>10なるほど。ありがd

14 :可愛い奥様:02/11/01 08:57 ID:FmoqzHAF
地方県の国立大学附属幼稚園受験のために
通わせた幼児教室では>>11さんのような
保護者が沢山いらっしゃいましたよ。
だけど運良く合格して実際幼稚園に入園してみて
幼稚園が意図してることは
五感を働かせて自然に触れるようないろいろなことを経験して
学習につながる基礎的な知識・常識を養うってことみたいです。
特別な幼児教室に通わなくても
普段母親と普通に生活していたら
充分教えてやれることばかりです。
まぁ、園自体が教員養成のためのモルモット実験機関なので
建前と本音とは違うのでしょうが・・・。

15 :可愛い奥様:02/11/01 09:01 ID:DvwFkgVo
育児板でこういうスレを立てるとたちどころに指導が入るから、
既女で立てるのかねー。

16 :可愛い奥様:02/11/01 09:04 ID:flHsLfrk
>15
ドキ。その通りです・・・。
それと幼児教育スレは荒しがすごい。なぜか。


17 :可愛い奥様:02/11/01 09:09 ID:Yc2g5OMo
子供じゃなくて自分ですよね?
私は幼稚園時代はヤマハ音楽教室と英会話とお習字に逝ってました。
とかそういうので(・∀・)イイですか?
まずヤマハは3年習い、その後ピアノ教室に代わって中学2年まで
逝きましたが、受験でやめてそれっきりです。
今は「エリーゼのために」みたいな簡単なのなら弾けますが、
最後に習ったソナタは譜面を見ても弾けませ〜ん。
英会話はその後小学6年間習いつづけましたが、今は海外でも
買い物しか出来ません。買い物では通じます。
あちらも理解しようとしてくれるから。
お習字は三年生まで続けましたが大嫌いでした。今も字は下手です。

で、今はピアノとも英語とも習字とも関係無いけど幸せです。
ってそんな事で(・∀・)イイのかな?

18 :可愛い奥様:02/11/01 09:22 ID:qbH/seYH
>17
あなた、いい人。

19 :可愛い奥様:02/11/01 09:29 ID:tjMH9yTk
3歳からピアノ3年習って、バイエルの上巻(?)の半分くらいで辞めた。
3歳からバレエ10年習って、膝の軟骨を痛めて辞めた。
5歳から書道7年習って、丸文字に毒されて字が汚くなって辞めた。
もっと小さい頃は、積み木とレゴで遊んでました。
まぁどれも実生活に役に立ってませんが、こういうスレに
テーマとは微妙に違うレスを入れることはできます。

20 :可愛い奥様:02/11/01 09:31 ID:6Ei1m3nj
飯島愛ってありとあらゆる習い事
(ピアノ、書道、公文式はもちろんなぎなたまで)させられた挙句
あんなになったってホントだろうか。

21 :可愛い奥様:02/11/01 09:34 ID:rl43Zv8b
幼児のときのたくさんの疑問「なぜ?どうして?」に
きちんと親が答えていくことでその後の勉強に対していくらか影響あたえると
聞いたことあります。小さいうちはその程度で十分じゃないかなと思うけど・・・



22 :可愛い奥様:02/11/01 09:37 ID:Yc2g5OMo
>20
あれは怪しいよね。
兄弟が雑誌に出てたけどどう見ても大した家庭ではないと思う。
中学受験させられそうだったと聞いてハァ(゚Д゚)?じゃああの兄弟は?
と思いますた。

23 :可愛い奥様:02/11/01 09:42 ID:2/QBuSml
飯島愛って幼稚舎お受験不合格組みとか言う話も聞いたが。。。
兄弟のなかでは優秀で、彼女にだけ期待をかけてたのかな?

24 :可愛い奥様:02/11/01 09:54 ID:pFYdcLRS
>>11です。
>>12
2歳、3歳頃の子供の吸収力って、砂に水がすっと染み込むようにスゴイ、
というのは凡人の私にもわかるし、そこの幼稚園の先生がたは、
そういう時期に集中力や「知識を得ることは楽しい、うれしいこと」
という姿勢が身につくと、今後の小学校以降の勉強が本当にラクになる、自発的に
学べる子になるという考えをお持ちのようです。「知識を頭に詰め込む」のが目的ではなく
自分で考える力をつける、というところが良さそうだなあ、と思ったんです。
とはいえ、歴史はまだ浅い園のようなので、>>14さんのおっしゃるところの
実験的な感じ。カリキュラムも毎年見直されていて、確立されてるわけでも
なさそうです。将来を左右するような影響があるかどうかも未知数です。
私の場合、経済的に無理せずに子供を入れることができるのなら、悩まず勢いで
入れたかもしれません(笑)。


25 :可愛い奥様:02/11/01 09:58 ID:Sv9vJKVD
外人の先生に年中から高校まで英語習ってました。

今は、外人見ると石になります。
アルファベットはローマ字オンリーです。


26 :可愛い奥様:02/11/01 10:09 ID:XRYh5T/8
幼児教育じゃないけど、いいかな。
親は熱心じゃなかったけど、勉強熱心な姉2人がいたので、
いつも姉にくっついていた私は自然にいろいろ覚えてしまい、
幼稚園の頃は九九から歴史の年号等々、いろんな事を丸暗記していた。
小学校時代の通知票は5ばかりが当たり前で、上のきょうだいがいれば
皆そんなもんだろうと勝手に思っていたし、親も通知票には無関心だった。
でも楽勝だったのは中学校くらいまでで、勉強をなめてかかっていた私。
そこそこいい高校へ行き、ごく普通の短大へ行き、今は…
もうすっかり大バカです。
ぐうたら主婦になり、足し算間違えたりしつつ、気楽に過ごしてまーす。

27 :可愛い奥様:02/11/01 10:29 ID:i3G7h44y
>>19を読んで
TVドラマ『成田離婚』親父の竜雷太が「ピアノが習いたいというから買ってやれば、バイエルの赤本で終りだ!」
          娘の瀬戸朝香が「黄色までいったワヨォ!」
で、娘がフィギュアスケートやらテニスやら始める度に、親が金を払わされ、挙句、すぐに飽きてやめてしまう
今度は離婚したいだとォ!・・・と竜雷太親父が怒りまくってたのを思い出して笑った。スレ違いでsage

28 :可愛い奥様:02/11/01 11:27 ID:SKTlfGyE
オザケンが
「塾とか行ってるやつ大嫌いだった。で、そいつらより頭良かった。」
って言ってたし 頭いい子は産まれた時から頭いいのよね。

わたしは 私と彼のDNAに見合った教育をしていこうと思うけど
彼は頭いいし私は美術系得意だから
過度の期待は一切してないけれども
まぁそこそこバランスの取れた子が産まれてくるんじゃ。。。と
思ってるとこがすでに親ばか。。。?

本をたくさん読ませたい 音楽をたくさん聴かせたいって
くらいしか うちでは考えてないけど
>その後どういう人生だったか って私も気になる〜。

(よく電車の中で有名私立小の女の子が
声に出して「マザーテレサ」とか「ハリーポッター」とか
読んでるのに遭遇するんだけど
「公共の場では静かにしましょう」て当たり前のことが
わかってない子も多いのよね。。。)

29 :可愛い奥様:02/11/01 11:28 ID:SKTlfGyE
>ぐうたら主婦になり、足し算間違えたりしつつ、気楽に過ごしてまーす。

そういうのすごくイイ!

30 :可愛い奥様:02/11/01 11:55 ID:pTkPflct
>(よく電車の中で有名私立小の女の子が
>声に出して「マザーテレサ」とか「ハリーポッター」とか
>読んでる

・・・・・・一種の見せびらかし?

31 :可愛い奥様:02/11/01 17:24 ID:NCVZ5wkk
高学歴の主婦結構ここにはいると思ったけど、特に幼児教育受けてたわけじゃ
ないのかな?

32 :可愛い奥様:02/11/01 17:39 ID:mPwcbl0/
幼児に知識入れるのはどうかな。


33 :可愛い奥様:02/11/01 17:42 ID:Y/xLdyOe
幼児教育っていわゆる「お勉強」以外の教育も含んでるんでしょ。
精神面の発達、みたいな。
ま、天才児を作るのが目的ではあるらしいが。

34 :可愛い奥様:02/11/01 17:42 ID:NCVZ5wkk
>32
でも最近の幼児教育加熱ぶりはすごいよ。
教材にウン十万なんて当たり前。いまだに3歳児神話を語って
>24の幼稚園のような事いって脅される(w
近所の人は幼児教育教材に80万使ったって言ってた。なんか
騙されてないか?

35 :可愛い奥様:02/11/01 17:44 ID:1SbzlnOM
W卒だけど幼児教育って特にやってない。
小学校のときはまじで先生に神童と言われた。
私立中行くために塾通いしてる子より全然できた。
というより分からないということが分からなかった。
中学生になると神童から秀才ぐらいに落ちた。
このころもあいかわらず授業以外1秒も勉強せず。
先生からは学校一のIQの持ち主と面談で言われた。
高校生になり授業にでなくなり落ちこぼれ一直線。期末テスト450人中424番とか。
しょうがないので高3の秋から猛勉強してWに。
卒業後1年半でサークルの先輩だった旦那と結婚して専業に。
Wで幼児教育受けたって話は聞いたことない。先生にIQが高いって言われた経験を持つ子はほんとうに多かった。
よって子供が勉強ができるかできないかは幼児教育より親から受け継いだ遺伝子にかかってると思う。

36 :可愛い奥様:02/11/01 17:48 ID:aQLQttbI
幼児教育と言うよりは胎教だけど
お腹によく話掛けていたオバさんの娘は
幼少の頃から言葉も早く、今は現役のお医者さんです。
少しは関係あるのかな?

37 :可愛い奥様:02/11/01 17:52 ID:E67Xh9l1
とりあえず35は幼児教育云々より自分が早稲田卒ってことが
アイデンティティーぽくて恥ずかしいな、と思った。

38 :可愛い奥様:02/11/01 17:58 ID:1SbzlnOM
>>37
う〜ん。近いけどちょっと違う。
人より高い知能指数を持っているということが私のアイデンティティーなの。ウフ。

39 :可愛い奥様:02/11/01 17:59 ID:Y/xLdyOe
38さん、お子さんはいらっしゃるの?

40 :可愛い奥様:02/11/01 18:03 ID:8caag3K2
父の友達で旧帝の数学科教授が言ってたんだけど、
大学入った時点での「余力」が大事だと。
ゴムをめいっぱい伸ばして伸ばして目標(大学合格とか)到達では
その後は伸びないのは当たり前。
特に数学・物理等は、学年上がるごとに才能の差が歴然としてくるから
無理無理は本人の為にもよくない、と。

というわけで、「遺伝子」説に一票。

41 :可愛い奥様:02/11/01 18:05 ID:E67Xh9l1
>>38
そうなの?だって結局早稲田にしか入れなかったんだから、
あんまりたいしたことないってことでしょ?
だとしたら人より高い〜って言えなくない?
むしろごく普通かと。

いや私も早稲田卒だけど、世間じゃ履いて捨てるほどいるでしょ。そんな人。

42 :可愛い奥様:02/11/01 18:08 ID:NWg1g54Z
今ほど幼児教育ってさかんじゃぁなかったものね。
近所の子供の話。。。
そのこの兄にはやたらと教育熱心だった親なのに、
妹(今小2)には全く。
幼稚園の絵だけみててもこっちが不安になる感じだったのに。
名前も書けぬまんま小学校に入学それからずっとそこの親子
大変そうだ。
幼児教育?を全くしなかった結果?てか初めて知った勉強に困ってる
子なので、こういう場合もあるよってことで・・・

43 :可愛い奥様:02/11/01 18:09 ID:akS76+qZ
ん〜〜遺伝子+性格だと思う。
同じ遺伝子の姉はとても頭良かったけど
私は落ちこぼれだったから・・・・。
やれば出来るタイプではあったけど
(実際テスト勉強を自分なりに『やった』と思った時は成績がいい)
集中力無いのと誘惑に弱いというので私はダメダメでした・・・。

44 :可愛い奥様:02/11/01 18:12 ID:Hu9PkSFB
遅くなったけど2だよ。
家庭保育園だけは・・・・(略
ちょっと読んだけど、あのころはああいう記憶力が
良くて当たり前。IQっていうのは
実年齢とそのこのテストの成績年齢との
差によってだしているから、そういうテクがある子の
IQ高いの当たり前。あれは頭のよさとは関係ない。
子供のころ電車の名前いっぱい覚えてた子いたでしょ?
それのお金かけたバージョンかと。

私は、父も母も普通の人だったけど
おじいちゃんが旧帝大系の教授で
親戚もそんな人たちばっかりだったので
母が面白がって今でいうところのお受験塾みたいな
ところに入れたらしい。
そこでは授業とか問題集とかやってた。
受験する気もなかったから、そんなに真剣ではなかったけど
小学校入学まで通ったよ。正直つまらなかった。
大人が「すごい」ってほめてくれるのだけがうれしくて
大人を喜ばすためだけにやってた。今ならわかるよ。
あれは私にはよくなかった。もっと遊ぶことのほうが大事だった。
その他の日舞やピアノ、習字はたのしかった。

ちなみに小学校の知能テストで高得点をはじき出し
別室でIQテストされたのを覚えてる。
でも、ただそれだけで今ではこんなもの。(笑)
この文章からわかる通りのおばかさんです。

45 :可愛い奥様:02/11/01 18:12 ID:Y/xLdyOe
>43
うちも、実家では私だけ落ちこぼれ(アハハン

いくら良い素質を持ってたところで、磨かなければ生かされないわけでつ。
37さんも、さらに努力を重ねれば、灯台行けたかもでつね。
もったいないことでつ。

46 :可愛い奥様:02/11/01 18:20 ID:DhEpXRm6
うちの旦那、医者で、旦那の弟は、国立大で助教授やってる。 でも、旦那の
 親は、中卒で、しかも貧乏だったんで、二人息子は塾にも行った事はないらしい。
 (祖父母が旦那や弟の学費をかなり援助してくれたらしい。)でも、旦那が言うに
 は、「幼稚園くらいのときから、どうして〜は〜なんだろう??っていう疑問を
 持って考えることを常にしていたらしい。 遺伝的な頭のよさって言うのも
 あるだろうけど、知的好奇心があるかないか、それを自分で考える作業にもって
 いけるかどうかが、成長するにつれ、大きな差になるんだろうなって思う。
 わたしなんて、考えること苦手ーって感じで、やっぱ、小さい時からアホ
 ですもん。 

47 :可愛い奥様:02/11/01 18:22 ID:nqT194+F
あ、考えるのが好きっていうのはある鴨。
社会の現象や事件に対して、推理とか推測を筋道立てて論じるのは
かなり好き。

48 :可愛い奥様:02/11/01 21:31 ID:NCVZ5wkk
>46
幼児教育の売りのひとつに知的好奇心を育てるっていうのがあるよ。
自分で考えるっていうのも。


49 :可愛い奥様:02/11/01 21:55 ID:KSYfnOfN
えーと幼児教育を受けた人のその後ですよね。

旧帝大卒の研究者(38才)の下で働いた事があるが、
そいつは有名な幼児教育学校(ヴァイオリン)の卒業生ですた。

頭は確かに良かったが性格が悪かったな。
奥さんが派遣で働いて二人で社宅に住んでいる人でした。

ある日、銀行から電話がかかってきて隣にいたので
つないだら定期(1000万円)をどうしますか?という電話だったみたい。
電話を切ってから
通帳らしきものを出し始めたので
逃げるように他に行こうとしたら、突然言ったんだよね。

「見るな。おまえら(派遣)が一生かかっても稼げない1000万円の金だ」と。
貧乏臭い人でした。
うちは持家なんだけどって言いたかったけど馬鹿馬鹿しいのでやめました。

幼児教育が実らなかったんだね。
ヴァイオリンって裕福で上品なイメージがあったので悲しかったよ。

50 :可愛い奥様:02/11/01 23:38 ID:0lcPbi9U
性格って、持って生まれたものだと思う。

51 :可愛い奥様:02/11/01 23:43 ID:NCVZ5wkk
>50
そだね。幼児教育のせいとは思えないかも。

52 :可愛い奥様:02/11/02 07:49 ID:G42o4JMl
2ちゃんのダメ系板に行くと、
東大の引きこもりなんていくらでもいるよ。
勉強だけできてもダメだってことだ。

53 :可愛い奥様:02/11/02 09:01 ID:ijrSg4Xm
出来ないともっとダメだけどね。

54 :可愛い奥様:02/11/02 09:19 ID:hedYDHkD
>53
親のそういう考え方が引きこもりの原因になるのでは?
何かができない人、はどこの世界にも、いつの時代にもいるけど、
引きこもりは近年の現象だよ?それも日本特有の。
勉強、仕事ができないが、学校や仕事に行ってる人>>>>>>>ひきこもり

55 :可愛い奥様:02/11/02 09:39 ID:U/VXPkVd
あ、それは言えてるかも。
でもいいトシした大人が引きこもりって、親が食べさせてくれて
住む家があるから出来ることだよね。
親が死んで収入の道が閉ざされたら、引きこもってた人間って
どうしてるんだろう?

56 :可愛い奥様:02/11/02 10:05 ID:cNEg1JAt
幼児教育受けたけどドキュソ大卒だよーんアハハン
勉強もいいけどまずは子供がどんな子かよく見てやるべきだす
それからどういう風に教育するか決めればよいかと
まあなかなか難しいけどね・・

57 :可愛い奥様:02/11/02 10:59 ID:fJ9gf0r7
>>40
うちは夫はずっと公立、模擬試験以外塾・予備校等に一切行かず
現役で旧帝大の医学部に行った人です(家がボンビーだった)。
ほぼ全教科得意だけど、特に数学は初見で出来ない問題がないほど
だったとか。ただ読書とかはあまりしてなかったようで、言語系はやや落ちる。
私は県立一女→女子大英文科っていう、よくあるやつ(w。数学全くダメ。

で、娘は公立小学校のテストではいつも100点だけど、あんなの
あってないようなもので、まあ女の子だし高校受験させるのは大変そうと
1年だけ塾に入れ、中堅の中高一貫校に入れました。
その時は御三家なんてほど遠い、今の学校もトップグループで入った
わけではなかったと思います。入れた理由も本好きで、国語力&読解力だったと思う。

ところが中2後半から塾にも入れないに、なぜか数学が出来るようになり
中3の現在では数 I の範囲をやってますが(一貫校なので)、先生が
面白がって出す大学入試の問題も、その範囲のものならスラスラ。
「数学は特に能力が高く、将来が楽しみです」と言われてます。
本人に「何で出来る様になったの?」と聞いても、自分が出来るという
自覚がないというか、「出来ない」という方がよくわからないそう。
それと平行して、物理や化学も特出して出来るようになってきています。
成績表も殆ど5ですが、自宅学習は30〜長くて2時間(試験前)、
夜11時には寝てしまいます。学校の授業を聞いてればわかるんだそう。

これは恐らく、夫の遺伝子が目覚めたのと、勉強に興味を持ったときに
対応できる最低限の環境(うちの場合は家庭じゃなくて学校とその先生)、
加えて、無理強いせず本人が好きでやってるからではと思っています。

そういう私は「IQが高い」と小学校で言われて、親がその気になって、
あらゆる習い事・塾に行かされたけど私立女子大英文科出て、
フツーの専業。あれは苦痛のみだったなあ。
おまけに「やれば出来る」という架空のプライドのみ高くなった(w。
その反面教師で、娘には一切習い事をさせなかったのがよかったのかも。

58 :可愛い奥様:02/11/02 11:29 ID:e1M9YM1D
>「やれば出来る」という架空のプライドのみ高くなった(w。

ちゅうか、プライドひけらかすのは十分育ったね。
おめでと。


59 :57:02/11/02 11:35 ID:fJ9gf0r7
>>58
即レスありがと(w。
やっぱ2ちゃんだとそう読まれるのね。書かなきゃよかたよ。


60 :可愛い奥様:02/11/02 11:44 ID:Ctr8qE/4
>>58
根性わるいよ
>>59
とても参考になりました。たいていの人は自慢とかひけらかしとは受け取らないと思う。

61 :可愛い奥様:02/11/02 11:44 ID:1pzxxV14
2歳の頃から英会話のレコードを聞かされ続け、
4歳からピアノを習いだし、
5歳の時には世界文学全集を読み始めました(全52巻)
小1の時は既にほとんどの漢字を読めたし、
ご近所でも神童と言われてました(ネタじゃないよ)

・・・今?
ただの高卒ひきこもり専業チュプです。
なんか小学校出たあたりからどんどんふつーの人になってった。
幼児教育の効果があるのって、幼児の時だけなんじゃないかなあ。

62 :可愛い奥様:02/11/02 11:45 ID:ScbgMVxU
>>59
そのレスも書かなければ良かったね

つか、早期教育は無駄、結局は遺伝子って言いたい訳?
だったら実例だけ挙げてないで、結論を書いてよ。

63 :可愛い奥様:02/11/02 11:48 ID:LJqjOtXq
>>62
何でそんなにイライラしてんの?
57にどこかコンプレックスでも刺激されてんのかなあ。わからん。

64 :可愛い奥様:02/11/02 11:49 ID:vwUZvtuc
十で神童、十五で才子、二十過ぎればただの人・・・真理のようで。

65 :可愛い奥様:02/11/02 11:50 ID:KULU3bUO
学歴スレとか教育スレって、必ず低能力煽りちゅぷが
常駐して荒すんだよなあ・・・

66 :可愛い奥様:02/11/02 11:52 ID:Vz4sbyzJ
昔なんて幼児教育なんてしてなかっただろうけど、それでもある一定数の
 エリートがいたわけだから。 幼児教育をしたからって、頭のいい人間の
 比率が激増するとは思えない。。

67 :可愛い奥様:02/11/02 11:54 ID:5Wkmm+j5
小さい頃ピアノを習った。
うまく弾けないと母親に殴られたりしながら練習したので、ピアノの音を聞くのも嫌になった。


68 :可愛い奥様:02/11/02 11:55 ID:v6DE23Au
幼児教育、やり方を間違えると子供の人格が歪む危険性も大きいのでは。

69 :可愛い奥様:02/11/02 11:56 ID:5Wkmm+j5
親の趣味を押し付けるとゆがむだろうね。

70 :可愛い奥様:02/11/02 12:05 ID:1pzxxV14
幼児教育で知識をつめこみすぎたんで、
小学校に上がったときに「勉強する」ってことを
覚えませんでした。
遊んでても100点とれたんで「なーんだこんなものか」って
なめきっちゃって、遊んでばかりいた。
だから中学に入って、幼児教育の知識が通用しなくなってからの
落ち方はすごかったよ。
私にとっては、幼児教育はかえって悪影響だった。

71 :可愛い奥様:02/11/02 12:06 ID:NGvqNRbm
私も小さい頃「こんなに頭の良い子はみたことない」って先生によく言われてた。

でも、いい大学って言われる大学に入ったから幸せか、とかはわかんないなぁ。

今日、テレビで1000円カットの所の雇われ美容室の人が、月に32万もらって
るって出ててちょっと鬱。私より給料が格段に良い・・・休みも多いし。

結局、「何をするか」なんだよね。
どんなによい大学を出たって、手に職をつけた人にはかなわないな。
友達のパパが大学教授だけど、月に50万位しかもらってないし。

今生まれ変わったら、商売の才能を身につけたいな。
勉強が出来ても別に得しないもん。東大に入ったら周囲はみんな東大だし、
就職先もみんな東大卒。その中で出世する人ってのは、やっぱり
「勉強以外の余力があるひと」なんだよね。

72 :可愛い奥様:02/11/02 12:11 ID:v6DE23Au
美容師も大学教授も立派な職業であります。

73 :71:02/11/02 12:34 ID:NGvqNRbm
あ、ごめん。そうじゃなくて・・・

いま我が家が余りにも貧乏なので、頭が良いから食っていける訳じゃない、と
言いたかっただけで・・・

74 :可愛い奥様:02/11/02 12:41 ID:V5ptIYJe
根性悪い58です。
>60
いったい何が参考になった?
医学部逝ってたのに家が便ボーだたって。
ムッと来ます罠。
バイト、親も必死の金策してたもんには。
学歴じゃぁなく、人間として魅力ある人になれるかが大切だよ。
相手を思いやれる人に育てなきゃぁね。
そんな人にメッタと遭遇しなくなった。

75 :可愛い奥様:02/11/02 12:46 ID:1pzxxV14
>>71さんの
「出世するのは勉強以外の余力があるひと」に禿同。
でも、勉強ができるとそれだけで満足しちゃって
それ以外の余力に目を向けなくなりがちだったりする。
親がちゃんとそのことに気づいていれば、
幼児教育も効果があると思うけどな。

76 :可愛い奥様:02/11/02 12:52 ID:kqXZ0/Vk
>>70
ほんと同じ。
唯一今でも役に立ってるのはそろばん。
暗算ができるんで。
それ以外はあぼーん・・・

77 :可愛い奥様:02/11/02 12:52 ID:AnwWCCqS
>>70
あーわたしもです!
中学までは家で勉強なんてしたことなかった。
授業中はヒマでヒマでしょうがなくて
落書きしたり空想にふけったりしてた。それでも成績はオール5
高校は県で一番の公立へいったけど、あっというまに落ちこぼれに。
勉強したことないから勉強するいうことがわからない。
結局二浪してドキュン大にいったさ。
そういえば灘から東大李さんいった人が
公文式は悪だ!!っていってたな。
自分の脳みそ使って考えることができなくなるらしい。
私は公文ではないけどね。

78 :可愛い奥様:02/11/02 13:06 ID:MZlFQ8Bd
1〜2年前、NHK総合で4時くらいからやってるやつ(視点・論点か?)
を見てたら、女性のどっかの大学教授が出てて、
「英語の早期教育、お母さん方が熱心にされているのは
見てて微笑ましいんですけど、あまり早いうちから熱心にしてしまうと、
思考の際に使う基本的な言語が一定しなくなって、思考や情緒に
悪影響が出ることがあるんです。その証拠に、外国で産まれ育った私は、、
ハーフの友達も皆さん苦労したと、、、」
最後は何だかもう胸がいっぱいになったような話し方をしていました。

正直、NHKだって幼児の英語教育みたいな番組してるじゃん。
論拠が自分と自分の周りの人だけってのは、どうよ、教授。
と思ったけど、大人になって確かにあんな風に言われるよりまだ馬鹿の方が
いいや〜と思ったので、私は英語の早期教育はさせないつもり。

何かちゃんと覚えてもないのに煽りっぽくてスマソ

79 :可愛い奥様:02/11/02 13:12 ID:spNWoPr+
幼児教室始めに、バイオリン、英語、習字、そろばん
旦那無理やり通わされたそうです。本人やる気なし
どれも身につかないどころか、勉強する事自体嫌いだったと言ってます。
結果・・公立高卒で団体職員です。まあ平凡な家庭です。




80 :可愛い奥様:02/11/02 13:32 ID:5Wkmm+j5
うちの旦那、小学校2年まで字が読めなかったらしい・・・。
でも世間では優秀と言われる大学で院まで出て理系の技術職をしている。
彼を見ると幼児教育の必要性について考えさせられる。
しかし小さい頃から本などを読んでいないので、
人間としての深みというか面白味には欠ける。


81 :可愛い奥様:02/11/02 13:40 ID:auQd9spP
幼児教育もいいけど、やっぱり子供は遊ぶべきときには遊ばなくっちゃ。
泥んこになったて砂遊び、夏は暗くなるまで外で走り回ってお腹をすかせて
帰ってくる。。。そんな経験も大事だと思うよ。

私も幼稚園からピアノを始め、その後、お習字、そろばん、水泳、スケートと
一週間習い事だらけになりましたが、その中で唯一ピアノだけ続いて音大に
行きました。だけど、演奏家として活躍できるほどのこともなく、今は普通の
専業主婦。

近所に小学校の頃から神童と言われた天才少年がいましたが、彼は一度も塾に
行かずに東大に現役合格。本はよく読んでたようだけど、それ以外の幼児教育
っぽいものは一切やってなかったな。だけど、そんな彼も今は普通のエリート
サラリーマンです。

82 :可愛い奥様:02/11/02 13:44 ID:8+GRJWTF
3歳からピアノ バレエ 絵画 やりました。
ピアノ、絵画は6年で放棄、バレエは10年でストップ。
いわゆるドロップアウトですね。w
特にピアノ 絵画は息苦しくて、いつもやめたいやめたいって思ってた。
でも不思議だね。今の仕事ってプレイする側ではないけれど、その3つに関わることなので
何だか親には感謝してます。今となっては。
入り口までつれてきてくれたことに。

83 :可愛い奥様:02/11/02 13:47 ID:uQRIejKD
>74
貴女はあいてを思いやれる人間ではないですね。

84 :可愛い奥様:02/11/02 13:48 ID:WTlAIKZh
>>78
大学の付属小に教育実習に行ったとき、
入門期の国語教育が専門の教官についたんだ。
その教官の考え方も早すぎる英語教育に疑問を持っていたなぁ。
日本語もまだおぼつかないうちに他の言語を詰め込むと
どっちつかずになって結局は苦労してしまうと・・・。

とはいっても、英語教室に通ってる子どもの発音を聞くと
「すごいじゃん」と感心してしまい、
自分の子どもにも習わせた方がいいかな?なんて思ってしまう。

わたしこそ、どっちつかずだよね・・・。


85 :可愛い奥様:02/11/02 13:55 ID:rG9Likoa
子供には、ピアノ習わせたいなあ。
私が7年でやめちゃったので。
でも、ピアノで仕事って需要あんまりないんだろうね。
感性の部分は磨かれるだろうけど。
キレイな音楽聴いたりしてさ。



86 :可愛い奥様:02/11/02 14:39 ID:MNYCcstA
うちは子供の頃アメリカに住んでて私は小学校高学年
で帰国。弟は小学校あがりたてで帰国。

当時はバリバリのバイリンだった弟と、去年海外一緒に言ったけど
フツーの日本人レベルにしか英語話せなかったよ。
発音も別に良くなかった。
うちの弟は一応2ちゃんでも一流にランキングされる大学出てる。
それでもこれだから、早期英語教育はあまり効果ないと思うよ。

一方私は大学受験まで一貫して国語 (現代文) が偏差値 50以下。
数学だけだったら全国の学生が受けるテストで上位にランクされた
こともある。受験は必ず最低でも 3科目の平均だから必然的に
偏差値 70ぎりぎり超えるか超えないかくらいの成績しかとれない。
78 の言ってることは本当だよ。




87 :可愛い奥様:02/11/02 14:55 ID:dl+FJjJW
今で言う幼児教育とは天と地程の違いがありますが・・・
幼稚園の頃から中学卒業まで公文式やってました。
(最初は算数のみ、のちに国語も追加)
確かに算数(特に計算)は得意だったけど
高校で数学に見切りをつけ、古文にどっぷり。
大学(某有名三流)はバリバリの国文学専攻。

小学校低学年の頃はアジア某国にいて
中国人の英語家庭教師もつけたが
覚えたのはアルファベット・数・優しい単語のみ。
学校でも文法はやらず、LL教室で欧米人の先生がしゃべるだけ。
ただ、英語を聞き分ける耳と抵抗のなさは育ったようで
その後大学受験まで英語で困ることはなかった。
でも日常会話もできない…。洋楽は耳コピして歌えるけど。

88 :可愛い奥様:02/11/02 15:05 ID:LmP4fAGA
こりゃ名スレだ!

89 :可愛い奥様:02/11/02 15:24 ID:eJBcqOrc
以前だったら普通に親や友達と外で遊んだりしていたら
わかること・・・季節の移ろい、風景の匂い、土の手触り
影の変化など。
どうやったら崩れにくい砂山を作れるのかってことや
何が水に沈んで何が浮かぶのかとか
私の子供が小学校を受ける前に通った
幼児教室では、ペーパーで教えていたんです。
こんなことが幼児教育なのか?と疑問を持つと同時に
何故、こんな自然に感じ取らなければならないことを
我が子に体験させる間もなかったのだろうかと
深く反省しました。

かくいう私はピアノと水泳だけ習っていた普通の子供でした。
勉強は小さいうちはそこそこできましたが
高校入学と同時に下降線をたどり大学は普通の女子大です。
確かに頭のよさや学歴は誇れるものがありませんが
友達と遊んで、親に愛されて幸せだった思い出が
今までの人生の糧だったんじゃないかなぁと思います。
すれ違いでごめんなさい。
幼児教育のあり方について悩む母親の愚痴でした。





90 :可愛い奥様:02/11/02 15:34 ID:2/pA5Mca
>当時はバリバリのバイリンだった弟と、去年海外一緒に言ったけど
フツーの日本人レベルにしか英語話せなかったよ。
発音も別に良くなかった。

帰国後も帰国前と同様のレベルで英語教育を続けないと
忘れてしまうのは当然の事で・・


91 :62:02/11/02 15:38 ID:ScbgMVxU
>>63
亀レスだけど、ああそうさ、コンプ刺激されまくりだよ。
資格取らなくちゃいけなくて、勉強してるんだけど、
高校時代、文系私大の勉強しかしてこなかったんで
受験勉強はかどんないんだよ。
理系はセンスとよく言うけど、それってほんとだと思う。
若いうちは努力でなんとかなるかも知れんが30にもなると・・・。

子供には(まだいないけど)そういうセンスを身につけさせようと
自分を慰めていたら、>>58のレスがあったんだよ。
勉強してくるよ。ウワァァァァン

92 :62:02/11/02 15:39 ID:ScbgMVxU
>>57のことでした。ほんとに逝きます

93 :可愛い奥様:02/11/02 15:42 ID:SWO7DMXP
>83
貴方もねっ。w
それ以前の問題だけどね。君の場合(藁

94 :可愛い奥様:02/11/02 15:43 ID:J0H5MefL
わたしも78の言うことはそのとおりだと思う
たまたま幼児期に数ヶ国語を話す環境にあったのと
早期幼児教育とでは子どもにかかる負担が違うだろうなと思う

自分の語学力にコンプレックスを持つ人が知り合いにいてさ
(仕事でかなりむつかしい専門的なやり取りを英語でしたり翻訳したり)
早期に英語教育を!ってことあるごとにいうのですが
まだ日本語でろくに話せない子どもに外国語を詰め込んだら
大人になってから会い伝テティクライシスっていうの?
そういう観点から危険という意見はありそうです

95 :可愛い奥様:02/11/02 15:46 ID:2/pA5Mca
>>94
それは明石康氏も懸念していますね。
しかし
>会い伝テティクライシス
ワロタ。言いたい事はわかりますが。

96 :可愛い奥様:02/11/02 15:50 ID:LmP4fAGA
>93
馬鹿にレスするんじゃなかった。。。

97 :可愛い奥様:02/11/02 15:54 ID:lE8ujlwi
うちの旦那は山野での幼児教育を受けた人です。
ナイフの使い方、ロープの縛り方、火の起こし方、
すもぐりでアワビやうにをとらえ、魚をさばき、イカを
むきます。運動がものすごく得意というわけではありませんが、
体力はすごいです。自主自立の野生児。
彼のお父さんの教育方針だったようですが、自然の中で
遊ばせるだけでなく小学生の頃(20数年前の話)からパソコンを
買い与えてたりしたあたりが、面白い人だと思う。
で、ありがちな話だけど、勉強しろと言ったことはないとか。
夫は高校に1位で入ったので壇上で挨拶したんです。
をれを見たのが出会いだったんですが、不思議な人でした、当時から。
夫の現在は工学博士です。
アニオタかつアウトドア派、趣味は料理。今、夕食の支度してます。
夫は幼児教育が成功した例じゃないのかな。
私は失敗した例です。

98 :可愛い奥様:02/11/02 15:57 ID:YLiuRJiy
英語の発音については、
木村太郎氏の発音だって通じるんだから、
そんなネイティブ発音にこだわる必要ないと思うよ。
高校生ぐらいになれば意識的に訓練することで
けっこう聞ける英語になる。
それより、育てるべきは感受性、創造性だと思う。

99 :可愛い奥様:02/11/02 15:58 ID:PZ9fSD8C
>98
どうすれば、育つんでしょうねー

100 :可愛い奥様:02/11/02 15:59 ID:mN95tNUN
>97
最近、都会で子供のための公園も人工的なものではなくて、
湿地を作ったり、野原を作ったりと
子供の創造力と自立心が伸びるものが出来始めている。
個々の生きる力って大事だと思う。
幼児教育で形成できるといいですね。

101 :可愛い奥様:02/11/02 16:09 ID:ez4mqUKy
そうそう。うちの息子(小4)はIQ高いし成績も良いが
箸はうまく持てないし、ものは無くすし、寝坊はしまくり。
先生にも知識偏重を指摘されました....
別に早期教育も塾も行かせなかったのにね。

毎日風呂掃除をして自分の靴下を洗う息子の友だちは
成績は悪いらしいが、輝いて見えます。
「負けた」と、思った。


102 :可愛い奥様:02/11/02 16:14 ID:wumLxNfq
>101
LDかもね。

103 :可愛い奥様:02/11/02 16:16 ID:TpAwyoPR
私の友人で英語を仕事にバリバリ生かしている人は、高校を卒業してから
興味をもって勉強し始めた人が多いです。

104 :可愛い奥様:02/11/02 16:18 ID:1DXcm9Ds
ノーベル賞の田中さんの子供時代ってどんなだったんでしょうね。

105 :可愛い奥様:02/11/02 16:26 ID:MOq+R9eu
私もピアノ、英語、お習字と一通りの習い事を経験したけど、
全くモノにならず。
中学では、その市で一番の進学塾に強制的に通わされ、
ギチギチにたたき込まれ、学年1、2を争った事も
あったが、結局県で2番目の高校に入るもまんまと落ちこぼれ、
底辺を争う事に(w大学は公立大の英文科で今は専業で
マターリ育児しています。結局、勉強が好きじゃなかった。
一方、夫は塾や習い事には縁が無く、体育会系の父親に
スパルタで体操教えられたり(家で)、部活にいそしむ
生活だったらしいが、勉強は強制されなくても好きで、
理数系など楽しくてしょうがなかったらしい。
で、高校からその地方でトップクラスの私立→灯光大→院へ。
夫は娘には進学塾など行かせたくない、伸び伸び育てたいと
言ってる。理想はそうだけど・・。
夫は経験上、勉強は好奇心を持ち、授業さえ真面目に
聞いてれば出来るもんだと思ってる所があるらしいけど、
私にはそれが無理だったんだよね・・。
どちらに似るかで、大きく違う娘の将来・・。
私は今幸せだから、何が良いのかはわからないけど。
でも学ぶことは楽しいと思えるようになればいいな。

106 :可愛い奥様:02/11/02 16:43 ID:2/pA5Mca
英語は発音よりも
話の中身が大事。

107 :可愛い奥様:02/11/02 16:49 ID:r5KCa70p
早期の英語教育、私は反対です。
どなたかが、「思考に使う言語が一本化されず、混乱する」って書いていらしたけど
その通りだと思います。
私は今、翻訳の仕事をしています。
翻訳者を志望される方々には、帰国子女も多いのですが
みなさん例外なく日本語で苦労されています。
文章を書かせてみても、「うーん、間違いじゃないんだけど・・・」という
レベルになってしまう。
日本人なのに、これは悲しい。

早くから英語を教えると、
結局、英語も日本語も中途半端になってしまうのではないかと思います。
英語を教えるなら、基礎となる日本語をしっかり習得してからにするべきです。

108 :可愛い奥様:02/11/02 17:01 ID:MNYCcstA
ほんと英語だけしゃべれてもだめですわよね。
アメリカなんか低収入のネイティブはいてすてるほど
いますもの。

109 :97:02/11/02 17:55 ID:XtA+/dYW
>>100
100ゲトおめ。
安全で管理された自然ほどつまらないものはないんですよね。
ときに死にそうな思いをして遊んでこその子供時代かと(笑)。
生の自然に対する畏敬の念のようなものを、感じる必要が
あるような気がします。
>>105
あなたの人生、そのまま私の人生のようです。
私の場合は両親の呪縛から成人後も抜け出せず、
コネでムリヤリ教職につかされ、死ぬほど苦労しました。
鬱病になったところでやっと両親も「自分たちが思ってたほど、
自分たちの子は頭がよくない」と気付いたようで、私もやっと
解放されました・・・。
教員になって色々な親子、家庭を見ることが出来て、自分の
育った家庭環境を客観視できるようになったのは良いことでした。
今だに親からは「あんなに色々習わせたのに」と泣き言を言われ、
中学卒業以後の養育費を請求されてます。
旦那は旦那で人が一生懸命育てた娘(金蔓と同義)を家に閉じこめて!
と言われる始末・・・。
いい加減自分たちのバカさ加減に気付いてほしい。

110 :57:02/11/02 18:03 ID:fJ9gf0r7
>>74
これ以上、このスレに書き込みはしませんが・・・。

夫の家はサラリーマンで、転勤拒否のため出世が限られ、2人の子供は
どちらも国立ですが大学まで出したので、今も賃貸の公団に夫婦2人で
住んでいます。
国立とはいえ医学部は書籍代等もかかるので、夫は各種奨学金
(自治体と育英会)をもらい、私と結婚してからしばらくの間も返済が
続いていました。この程度の資金力で医学部にいけますよ。

現在も大学病院勤務(薄給ですよ)で、バイトに行くより研究の人なので
子供は転居が多すぎるので経済的には多少無理をして私立に入れましたが
我が家も賃貸住まいです。
勝手にムッとしていただくのは、全くかまいませんが、少し誤解がある
ようでしたので。

111 :可愛い奥様:02/11/02 18:26 ID:5Wkmm+j5
>>110
もう来ないほうがいいよ。
忘れた頃に言い訳だか自慢だかなんだかわからんことを書いていくから嫌がられるんだよ。


112 :可愛い奥様:02/11/02 19:05 ID:8y/yigYJ
小学校3年ぐらいから高校までそろばん習ってました。
ただの商業高校卒バカチュプですが、暗算だけは得意ですた。
でも30すぎてだんだんできなくなってきました。
脳のシワが日に日にツルツルになっていってます...。

113 :可愛い奥様:02/11/02 19:26 ID:4hirdgYS
関係ないんだけど、私が習ってたピアノの先生、メチャクチャ怖かった・・・
いわゆるヒステリーオールドミス。
ピアニストになるだけの才能はないから、不本意ながら子供相手に自宅でピアノを教えているが、
それでも自分はアーティストだという誇りを持ってたようで。
生徒がうまく弾けないと、ヒステリーおこして指ひっつかんで「何で動かないの!!!」
何度か突き指させられた、同時にグランドピアノのピアノ線がビィーンと切れる。

泣きながら高校まで続けて、勉強が忙しくなったと嘘ついて辞めてそれっきり。
今は楽譜見て簡単な曲がようやく弾ける程度まで低下。
何のためにあんな辛い思いしたんだろ・・・

そういえば、東大出の先生の弟さんがかなりカッコよかったなあ。

114 :可愛い奥様:02/11/02 19:38 ID:P5/hofH3
ご近所の息子さん(小学校5年生)、家庭保育園やっていたそうです。
すごく優秀な子でしかも性格も良くて近所でも評判です。
将来やっぱりエリートになるのか、それとも凡人になるのか楽しみ。

115 :可愛い奥様:02/11/02 19:45 ID:Vz4sbyzJ
>>114
 私の同級生(小学五年、六年)で、ぱっとしなかった
 男の子が、旧帝国大学に入った・・・っていうのを風の便りで聞いて、「え〜
 うそ!」っってびっくりしたことある。 昔、優秀だった子が受験失敗して、今は
 魚屋さんになったとかも、、、、。  小学校、中学校の成績って、ちょっと
 当てにならない面あるもんね。 重要なのは、高校の成績だよね。

116 :可愛い奥様:02/11/02 20:39 ID:jivm09Gc
京都の、とある小学校。来年度から国際コースなるものを設立。
国語以外の授業を全部英語で行うそうな。
勘違いの生徒集め。こういう学校は増えて欲しくない。
小学校の間は一つの言語で、脳に太い回路をつくり、更に
しなやかな感性を養う時期です。
細かい情報や知識はあとで増やしていくもの。
日本語をおろそかにさせて、何が早期教育なんだろ?
英語の授業を増やすぐらいでいいんじゃないかな。
こんなバカな思いつきの生徒集めにだまされる保護者、いるのかな。

117 :可愛い奥様:02/11/02 20:44 ID:uhStl9H7
>116
その学校は、帰国子女専門ではなくて
普通に誰でも入学できるんですか?

118 :可愛い奥様:02/11/02 20:52 ID:jivm09Gc
そうです。ため息。

119 :可愛い奥様:02/11/02 21:04 ID:Vz4sbyzJ
美輪明宏がいってたけど、日本語って、ものすごく豊かな言語らしい。
 (確かにそうだと思う)なのに、そういう土台が作られる大切な時期に
 外国語を習うと、日本人としてのアイデンティティで欠けてしまう面が
 出てくると思う。 言語って、その国の人間の精神性を支えてるものだと
 思うんで。 116さんに賛成です。

120 :可愛い奥様:02/11/02 21:05 ID:v/KidlVr
スレタイがどうしても「幼児虐待」に見えて鬱

121 :可愛い奥様:02/11/02 21:07 ID:bCVtuWOy
語学って12歳まで続けないと定着しないってどこかで見た。
5.6歳でペラペラでも(覚えるのが早い分忘れるのも早いので)
ずっと語学力を維持できる環境が大切みたいですね

122 :可愛い奥様:02/11/02 21:18 ID:khJW3XGN
>119
弟と年子です。
「こりゃ、本でも読ませておいたら大人しくしてるだろう」と
文字だけは早くに覚えさせられた。お陰で読書が好きになって
家にあったマナーの本を幼稚園時代の愛読書にしていたそうです。
「恐れ入ります」とか「ご足労をおかけして。」とか、口にする
妙にませた(嫌な子だ)園児になったけど、入試、就職の面接や
OL時代、商売する家にと嫁に来て、するっと、謙譲語、尊敬語が
口を付いて出てくる。役に立ってるよ。
とっかかりだけ、作ってあげたらその後は自分に興味のあるもを
自分の開発してゆくのでは?


123 :可愛い奥様:02/11/02 21:21 ID:REUose0i
>「恐れ入ります」とか「ご足労をおかけして。」とか、口にする
カツオ君みたいですね。


124 :可愛い奥様:02/11/02 21:22 ID:VItcmrDd
こんなの幼児教育とは言えないけども、習い事は習字、そろばんのみ。
ずっと公立で大学は市立です。


125 :可愛い奥様:02/11/02 21:23 ID:P5/hofH3
今2歳の子どもがいますが、英語教室はいまや定番の習い事です。
英会話教室には、胎教コース、0歳児コースとかもあるんですよ(w
公園に行けば、レッツゴー、カモン、グッド、オーバーヒアーとか(簡単な所だけなのがミソ)
子どもに話し掛ける母親も結構います。
英語の早期教育で弊害が出るとしたら、数年後、相当数の日本人がやばいでしょうね。

126 :可愛い奥様:02/11/02 21:27 ID:ZalV2d2N
私も以前、とあるアメリカンスクールの事務で働いてましたが
日本人夫婦(親は語学X)の「子供の語学力を伸ばしたい」つー理由で
「日本人でも、入学出来ますか?」てな、相談電話嫌ほど受けてたよ・・・
一応そこの経営理事に電話を回すんだけど、その理事曰く
「日本語もちゃんと喋れないのに、何故?」と、怪訝そうな顔してた。
一応幼稚園からそこの教育機関(各種学校に当たる)は、あるんだけど
「そこに子供をほり込めば英語はペラペラね」と単純に思ってる人多かった。
親は電話で相談してくるけど、大抵「ああっ、良かった日本語の出きる方も
いらっしゃるんですね」と安心してるみたいだが、一言余計かな?と
思っても「スクール経営自体は日本人もスタッフに居ますが、教育現場は
殆んど外国人の教師ばかりですし、親御さんとその教育現場の仲立ちは
出来無いんですよ、勿論ココへ通わせる親御さんは日本人でもPTAの
お付き合いが出来る位の語学力をお持ちでしょうし、スクールからの手紙
それについてのアンサーはお出来になりますよね」との質問に
「じゃ、ダメだわ」ってな親御さんも多いよ。
>>116さんの言う、京都のその学校も 本格的なトコはダメだったケド
ココなら大丈夫なんじゃないかな?と、単純な親が子供入学させそうだな。
英語はペラペラになっても、親も子供も海外に移住する訳じゃ無し
ただ単に英語喋れるだけで「世の中上手く渡れる」と、信じ込んでる
親のほうがある意味怖いよ。
英語喋れても、日本でいう「学歴の無い子」に好んでしたいのかしら?


127 :可愛い奥様:02/11/02 21:30 ID:r2Zc6rAc
私、>>101さんのお子さんのような子でした。
女の子だと、より周囲からのあたりはきついです。
母が、勉強ばかりさせている風に見られるのを嫌って
毎日毎日箸の持ち方を注意され、チックになりました。

>毎日風呂掃除をして自分の靴下を洗う息子の友だちは
 成績は悪いらしいが、輝いて見えます。
 「負けた」と、思った。

誉めているようでいて、なんとなく感じ悪いよ。
子供に勝ち負けなんてない。


128 :可愛い奥様:02/11/02 21:36 ID:Vz4sbyzJ
英語なんて、外国人と話すための手段でしかないと思うんだけど。。
 ちょっと前のほうのレスにも書かれてたけど、何を話すかの内容の方がはるかに
 大切。 論理的に物事を考えたり、分析できる能力のほうが重要だと思う。
 実際に、外国人は、英語力よりもずっと、その人の話す内容を重視するよ。
 たどたどしい英語力でも、内容が優れてたら、それでOK,そのうち、語学力なん
 て、ついてくるさ〜って感じ。  んでもって、それが正解だと思う。

129 :可愛い奥様:02/11/02 21:38 ID:VItcmrDd
>>127
でもいいんじゃない?子供の勝ち負け。
子供の習い事には、勝ち負けよりも
本当は「今は覚える時期」と言う感じで
よその子と見比べてはいけない、わが子とよその子の違いを見て
勝ち負けを思ってしまうのはいけないと思いつつも
心のそこの本音だと思う。



130 :可愛い奥様:02/11/02 21:40 ID:VItcmrDd
英語教室は、親の価値観の問題だと思う。(幼児の場合)
聞く話すを中心にするか、文法中心にするか・・。
それによって通う教室は違うと思うね。
どちらにしても、両方大切なわけだしね。

131 :可愛い奥様:02/11/02 23:09 ID:YSEvukj+
小学校4年くらいから周囲が英語塾に行きだした。
私も不安になり(中学に入るまでにみんなぺらぺらになると
思ってたので)「私も行きたい」と頼んだがダメだといわれ、
中学には白紙の状態で入学。しかし「みんなより出遅れてる
こわいよ」と思って授業だけは律儀に聞いていたら、きちんと
トップも取れたし受験も志望校に簡単に入れた(大学まで)。
まあいまだに会話はダメだけど…しかし、会話は必要に迫られれば
30代40代からでもできるようになるみたい。中学2年の途中で英語に
挫折したうちの夫だけど、仕事でアメリカ人と交渉ごとしないと
いけなくなって半年でかなりしゃべるようになった。今は映画を
見に行くとヤツのほうが字幕より早く笑い出したりしてる。だから
必要なときが始め時だと思うなあ。

132 :可愛い奥様:02/11/02 23:13 ID:0RpLYjjE
>>127
いえいえ、子供にも勝ち負けってあるよ。
ただ何をもって勝ち、負けとするか、ってだけで。

むしろ子供自身が身をもって「勝ったり負けたり」する機会は
必要でしょう。

133 :可愛い奥様:02/11/02 23:31 ID:MNYCcstA
86 だけど、私は幼児英語教育の意味があるとしたら
聴覚と発音だけだと思ってる。
それさえうちの弟はどうなのかなと。

上で出てるレッツゴー、カモン、グッド、オーバーヒアー
なんて犬じゃないんだから (爆
週一回や二回の英語教室なんかじゃ、英語の早期教育の弊害なんて
絶対出ない。たとえば私は右手挙げてって言われたら頭の中で
右は right だからこっちの手っていったん考えてからじゃないと
分からなかった。
弊害が出るのはこういうレベルだけ。けんかのときとかは寝言が
英語になるとか。


134 :可愛い奥様:02/11/02 23:33 ID:MNYCcstA
x けんかのときとかは寝言が英語になるとか。
〇 けんかのときとか寝言が英語になるとか。



135 :可愛い奥様:02/11/02 23:39 ID:VItcmrDd
英語なんてやる気さえあれば、すぐしゃべれるようになるし
できるようになる。
というかなんでもそうなんですけどね。

私が思うに、なんでも間で早くやればいいってもんではないと思う。
やる気次第で、簡単に追い抜く。

136 :可愛い奥様:02/11/02 23:58 ID:yyJ/GH3c
天才少年といわれていた、竹下龍之介くん。
今もすごいんだろうか?
マジで知りたい!
「天才エリちゃん、金魚を食べた」で賞とった時(6歳くらい?)
すごい生意気な態度でムカついた。
絶対やなやつになると確信したんで結果が知りたい!

137 :可愛い奥様:02/11/03 00:19 ID:uWesR2I3
>136
それ私も知りたいな。今いくつぐらいなんだろう?彼は。


138 :可愛い奥様:02/11/03 00:22 ID:G4xDY5yd
鈴木メソッドやってた方いますか?
今 娘ふたりが 真っ最中なのですが
どんどん疑問が生じてきてるのです。

どの子も育つ 育て方次第。
おかあさん頑張って 先生頑張って 私も頑張ります
ってな調子なんだけど・・・
親にものすごい競争心を芽生えさせて 
子供がバイオリンが上手に弾けないのはすべて親と指導者のせい
って感じ。
子供として体験した方の意見を伺いたいです。

139 :可愛い奥様:02/11/03 00:26 ID:CrK8XghB
>>136-137
今高校生ぐらい?


なんで子供ができないことを、親のせいにされるのだろ・・・?
不思議だぁー

140 :可愛い奥様:02/11/03 00:26 ID:mV9tSjs4
子どもに簡単な単語だけ話し掛けるってのがでてきたから思い出したけど・・・
近所にアメリカ人とのハーフの女の子がいるのね。母親は日本人。
その人が子どもに英語で話しかけるのは解る。
だけど笑っちゃうのが、その人の友達。
やたらと子どもに「おいでー、カモン」だの「グーッド!!」だの言っている。
お前のところは日本人だろう!っていつも心の中で突っ込んでいます。

141 :可愛い奥様:02/11/03 00:38 ID:SBoflpZ7
うちは旦那も私も塾に通ったことの無い子供でした。
親も勉強については完全放任でした。
で、現役時代灯台落ち(KWは受かった)、
で、一浪して受かったのは駅弁・マーチのみ。

声を大にして言いたい。
塾っていいもんかもしれん。
「努力する習慣」を子供が身に付ける場所だよ。
それが出来ないヤシラは私達みたいになる。


142 :可愛い奥様:02/11/03 00:40 ID:CrK8XghB
けど、努力のむだーってのもあるよ。
いくら塾に通わせても、本人次第・・

143 :可愛い奥様:02/11/03 01:01 ID:LAQ6O5s2
>>141
でもまあ努力する習慣は塾以外にも身につける場はたくさんあるんだし。
要は本人の意思ですよ。
それを無視して塾通いさせるとどっかに無理が生じて努力習慣に反発する
習慣がついちゃってる子もたくさんいるので難しいもんですね。
なんて、塾講師の私が塾を否定してどうすんだって…(でも現場の感想としてマジにそう思う)

大切なのは学歴や学力ではなく「努力する習慣」であるというような
ことがわかっている>>141さんはすごいと思います。

144 :可愛い奥様:02/11/03 01:08 ID:BeKyMerE
>>141
私は塾に通っていて、旦那は塾に通っていなかった。
私は、塾や学校での勉強はして、出された宿題はキチンとする子供に育ち、
旦那は学校の勉強や宿題以外にも、自分から勉強をする子供に育った。

私→私立の女子大卒
旦那→国立の一流大学卒

…結局、勉強を「やらされてる」うちは塾へ通おうがどうしようが、ダメなんだよね…


145 :可愛い奥様:02/11/03 01:22 ID:CrK8XghB
私のお義兄さんは、人に教えてもらうのが嫌みたいで
学校の勉強だけ真剣にやって、受験前も自分のペースで
やって見事現役で東大理学部に入ったよ。
そういう人もいるので、本当に本人次第なんだよね〜

あっ、でもちょっと変わり者だよ。


146 :可愛い奥様:02/11/03 01:31 ID:z+x9cQ8O
独断と偏見だけど
幼児教室の類に「通わされてる」子は、自分から何かをしようとする
気持ちを奪われるんじゃないかと思う。
「楽しいみたいだからいいのよ!」なんて言っても、
結局きっかけを与えたのは親だし、子供が自分で見つけたわけじゃないから。

今2歳の子がいるけど、このくらいの子ってどこで遊ぶんでも
何かに突き動かされたように、思いつくままに行動するんだよね。
でも、母親の中には右に行こうとする子供に
「ほら、今度は○○であそぼう!」と言って無理に左に引っ張っていったりする。
そういう姿勢って、子供が自分で何かしようとするエネルギーを
そいでしまう気がして少し怖い。
…一場面を断片的に見て判断するのは間違いだけど
自分はそういう時には時間の許す限り子供の後をついてまわりたい、と思う。

147 :可愛い奥様:02/11/03 01:45 ID:bifoIHrd
小学校の時の同級生で、東大と芸大に現役ダブル合格したヤシがいる。
家庭環境もよかったらしいが、ここまでくると、遺伝子の違いだよね。
ちなみに私は某平凡女子大。夫はn浪して某私大の夜間。
子ども(特に男の子)ができたら、進学で悩まされるのかなあ。

148 :可愛い奥様:02/11/03 02:02 ID:F6nROuiH
子供の頃、ずーっとそろばんを習わされていた。
先生はものすごいヒステリーで、今思うとDQNだった。
(家2件放火したという噂まで出た)
親に辞めたいといったが、自分で習いたいと言ったのだから、
と辞めることは許されなかった。
暗算もまともにできない上、
大人の女の人は気に食わないとギャーギャー騒ぐのだと
恐怖心を抱くようになり今に至っている。
そろばんは長く続けたがトラウマとなっているため、
習ったことがあると誰にも言ったことが無い。


149 :可愛い奥様:02/11/03 02:27 ID:r3tTLfGX
昔の先生は恐かった〜!
ピアノにしてもお習字にしてもバレエにしても。。。
特に、ピアノの先生は数名に教えてもらったけど
皆、恐かった。パシパシ手、叩かれてたもん。
今の先生は優しいよね。親が五月蝿い、生徒が集まらない
と理由はあるだろうけど。

150 :可愛い奥様:02/11/03 04:12 ID:UXxFBEO7
うちの娘11才だけど、成績は中の下。いや、下の上程度。
でも小説書くのだけはうまくて、30分で10ページ程度の話なら
しょっちゅう書くし、表現能力もすごくイイらしい。(北米)
しかし親は(私たち)LDだと思ってるし(他の面から)、小児科医も疑ってる。
ちなみに、ダンナの家系で有名小説家はいる。
遺伝の方が強いのかもしんないとオモフ。

ちなみに私はエレクトーン(楽譜今でも読めない)、習字、スケート、
絵画、水泳、とやってたけど、何にも残ってない。

151 :可愛い奥様:02/11/03 09:54 ID:XOkuMCaK
>>138
3歳から高校2年生くらいまで鈴木メソッドやってました。
そりゃーもう競争はすごかったし、年下なのに曲の進んでる子たちからは
いやみ言われ放題で、いま思うとすごいところだったとは思います。
でも、うちの母親はあんまり競争心燃やすタイプじゃなくて、一歩引いてたんで
子どもとしては、そこに救われた感じですね。
大学では、バイオリン弾けるおかげでいろんなオケや室内楽のサークルを掛け持ちして、
友だちもたくさんできたし、小さいころから練習してたおかげである程度
「思うように弾ける楽しさ」を味わえたんで、私としては後悔はしてないです。
いまもそのころの仲間と弦楽四重奏なんかをほそぼそと楽しんだりしてるし、
人生の趣味をひとつ増やしてもらったって感じです。
ご参考(になるかどうかw)までに。

152 :可愛い奥様:02/11/03 11:12 ID:WR6zoUyQ
私は鈴木メソードでした。
すばらしい才能がかけらもなかったのでピアノが大嫌いになりました。
3歳から小学校3年までで止めましたが自律神経失調症でした。
ピアノがうまく弾けないと殴りつけるような母親でしたので。

153 :可愛い奥様:02/11/03 11:15 ID:WR6zoUyQ
152に追加
今はクラッシック聞くのも嫌。


154 :可愛い奥様:02/11/03 13:17 ID:oqv1YyLP
うちは母親が8人姉妹。
で、みんな音大卒。で、親戚集まるとまずはみんなでピアノをかこんでいろんな歌をうたうの。
ちいさいときから「はい、今の気持ちを歌ってみて!」とか「今の気持ちをピアノで表現して」
と言われて過ごしてきました。
今でこそ特殊な環境に育ったという自覚がありますが、その頃はそれが普通だと思っていた。
うちに遊びに来た子はみんな歌をうたわされてたんだよね。うちの母に。
で、うちの3歳になる娘も 毎日自作自演で弾き語りをやっている...

ちなみに私はなぜかイラストレーター(末端)になりました。w
でも音楽は生活の一部。

155 :可愛い奥様:02/11/03 13:48 ID:HGS4eXje
私は活字中毒。まだ字の読めないころから読みきかせが
大好きで、母が絵本5〜6冊朗読しないと寝なかったらしい。
で、そこで横着物だった母が「とっとと自分で読んでもらったほうが
楽だわ」と思って3才になる前に平かな、カタカナを全て仕込み
幼稚園の入園祝いに国語辞典(小学生用の簡単なの)を買ってくれた。
おかげさまで国語はずううっと偏差値70超えてました。勉強らしい
勉強もしないで一科目できあがっていてお徳でした。あそこで
そろばんとか電卓のおもちゃを与えられていたら人並みに数学も
できてたのかな…と思うこともあるけど。

156 :可愛い奥様:02/11/03 14:20 ID:WM4M4fhJ
>155
一緒だ。w
>勉強らしい 勉強もしないで一科目できあがっていてお徳でした
禿同。国語はあらゆる教科の基本なんで(国語力が無い為文章題
が解けない子がいます)お得度高いですし、一朝一夕に身につくもんでも
ありませんし。大人になっても「本を読む楽しみ」ってのがあって(・∀・)イイ!
で、娘にもそう思って読書習慣だけは意識してつけさせますた。
(って言っても、読み聞かせ→面白い本を選んでやる→本代は惜しまない、
ってだけですけど) 今、大学生になった娘にも「助かった」と感謝されて
います。

157 :可愛い奥様:02/11/03 14:27 ID:pZCVELti
活字中毒だったけど古文がダメだったわぁ。


158 :可愛い奥様:02/11/03 14:34 ID:mQmA4uok
小学校1年から3年まで、近所の外人さんに英語を習ってました。
おかげで中学2年までは英語の成績がすごくよかった!
問題もすごく簡単に思えたな...。しかし、それ以上になると
まったくダメですた(w

159 :可愛い奥様:02/11/03 14:47 ID:LKi1zM5U
>>155>>156
わたしも、一緒かも(w
母親が小学校の教員やってたせいで
業者から見本でもらった課題図書とか副読本とかが本棚にあふれてた。
母は忙しかったから読み聞かせをしてくれたわけでないけど、
気がついたら本を読むようになってたなぁ・・。

そのせいか、他の科目は赤点スレスレでも現代文だけはなぜかクラスでトップだった。
でも>>157と同じく古文はダメだったな(w





160 :可愛い奥様:02/11/03 15:37 ID:5WW7oTHz
私もですー。
幼稚園ですでに地元の図書館の常連だった。
模試、現国のみですが県内で10位以内に入ったとかで
簡単な表彰状が送られてきたり。
でも古文ダメダメ。
あと、現国も主人公の心理描写などについて模範解答に
即した答えしか認めない若造が担当になってからはがっくり下がりました。
それまでの先生は「着眼点が面白い」と言ってくれたんだけど、
そいつは「何故俺が黒板に書いたことを答案に書かないのだ」と怒りやがった。

161 :可愛い奥様:02/11/03 16:36 ID:ekjq5pRw
幼児教育ですか。
それぞれ個人の解釈でいろんなことが語られてますね。面白い。
ピアジェとかモンテッソーリ、ベッテルハイムの教育法で育てると
子供の気持ちを分かってあげて育てれるって。
本を読み始めたけど面白いよ。子供の内面の発達って。

162 :可愛い奥様:02/11/03 16:39 ID:aiDafAUH
幼稚園の頃、絵とバイオリン、小学生の頃になると音大目指して
ピアノも習いましたが、長続きしませんでした。
今は楽譜もよめません

163 :可愛い奥様:02/11/03 16:45 ID:uWesR2I3
右脳開発とかいう幼児教育って昔からあったの?
少し前に問題ありみたいな記事読んだ事あったけど、実際訓練受けた人って
今はどうなってるんでしょうね?


164 :可愛い奥様:02/11/03 16:46 ID:idRtd0ZE
>>160
そういう先生にあたっちゃうと悲しいよね。国語力のない国語の先生。

遠藤周作かだれだったか忘れたけど、その人のエッセイにこんな話があった。
国語の試験に自分の作品が使われていた。登場人物の心情読みとりか何かの
問題が選択肢になっててやってみたらどれも自分が思ってるのとは違った。
何て難しい問題だ。作者自身が分からないのだから。。。
 
ほんと、国語って難しい。ある意味白黒はっきりの数学の方が簡単。
古文はあれは外国語に近いですね。勉強の仕方も英語の勉強方法に近い方が
良かったのかもと思っとります。

165 :可愛い奥様:02/11/03 17:41 ID:FAthz/mu
>164
群ようこのエッセイでも似たようなのがあったかも。
(自分の作品が試験に使われる話)


166 :可愛い奥様:02/11/03 23:08 ID:oDABWYLK
>>164 国語って難しい。
国語の成績の優劣って、問題作る側のセンスと解く側のセンスが
合うか合わないかで格段に違うよね。
国語で「この時の心情は次のうちどれか?」なんて出題は
ナンセンスだなぁと常々思ってました。
個人個人が「こうかな?」て感じたなら
それが正解じゃない?て思う。
漢字の書き取りならともかくさ。

同じ事が歌の歌詞の解釈においても言えると思う。
聞く側が勝手に解釈して聞けばいいのに「正解は何か?」て感じでさ。
そんなん作った人に聞けっての。

167 :可愛い奥様:02/11/04 00:09 ID:WSuAtxYS
受験の国語は情報処理です。
文学的文章においてもね。
だから、ノーベル賞受賞作家でも、国語の成績は並だった。


168 :可愛い奥様:02/11/04 13:49 ID:mewgbNXs
あげ

169 :可愛い奥様:02/11/04 22:38 ID:LC+bBSsc
>166
結局国語の問題の場合、問題を読解するという意味の
読解力が求められるわけで、感受性は二の次なのはある程度
仕方ないのでは? どうせ正解はアでしょ、一番ありがちな
と、ぜんぜん別の解釈が自分なりにあってもテストのときは
それとわりきっていたな〜。けっこう国語できた方だったので
できない人に「個人個人の感性の問題なのに点数つけるのが変。
国語できる人なんてつまんない教科書通りの思考回路の持ち主じゃん」
とからまれたこともありましたが、テストで何を求められてるか
くらい読めよ、って思ってた。

170 :どーでもいいことが気になる:02/11/04 23:04 ID:v6boqYMN
どーでもいいけど、やっぱり読み、書き、そろばん!


171 :166:02/11/04 23:10 ID:RZiW04uN
>169
誤解のないように言っておきますが
別に私は「国語のできる人なんてつまんない教科書通りの
思考回路の持ち主」とは思いませんよ。
ただ、出題者と違う感性を持っていた場合に
あなたのように「テストのときはそれとわりきって」という
思考に行き着く教育が果たして意味のあるものなのか?と
思ったわけです。
成績のために自分の感じたことを曲げて解答しなきゃいけない
教育って何?って事。
うむー、これでも私も国語は好きだったし得意だったのですが
文章下手ですな、わかっていただけたでしょうか。

172 :可愛い奥様:02/11/04 23:23 ID:LC+bBSsc
>171
ごめんなさい、できない人にからまれたのは私の事情ということで。
でもテストのときのわりきりる訓練があったからこそセンター試験とか
あんなおかしなものでもクリアできたのも事実です。自分の感性なんて
教室の外で育つものだと思ってたので別に答えを曲げて書くなんて気に
ならなかった。もちろん最初からわりきれてはいなくて、好きな作家の
文章で出題されて思い入れが強すぎて0点とったこともありますけど。
でも、文章の読解問題、国語で鍛えておくと、英語も速く読めるし
受験には有利だったと思います。

173 :どーでもいいことが気になる:02/11/04 23:23 ID:v6boqYMN
>>171
いやーもちろんそうなんだよね〜
>成績のために自分の感じたことを曲げて解答しなきゃいけない
>教育って何?って事。

けど、結局成績として出てしまう結果があるのです。
自分の感じたことを曲げてまで解答
しなきゃならない時も、時にはあると思うのです・・・はい。



174 :166:02/11/04 23:40 ID:RZiW04uN
>>172-173
わりきれない私はまだ子供って事かなぁ。
ここの点が引っかかっていて
(そもそも文章の読解力をつけるための教育なんて
必要なのか?本に親しむ教育ならわかるが云々)
担任に強く勧められていた国語教師の道も
自分にはできない、と思い決めていたのですが
正しかったのかも。独り言です。sage

175 :どーでもいいことが気になる:02/11/04 23:44 ID:v6boqYMN
>>174
うーん・・・
大人になってからは、それでもいいよね。
でも学生の時はわりきってやるものだと思う。

と、なると・・国語の受業はなんのためにあるの?
と思ってとまう。
漢字の練習しとけ〜でいいと思う・・・はい。


176 :可愛い奥様:02/11/04 23:48 ID:LC+bBSsc
>174
私は読解力は、問題を読み取る力だと思ってたので
悩んだこともなかった。ある意味感性ががさつなのかも。
本に親しむか親しまないかは本人の嗜好の問題だから
仕方ないけど、試験問題読めないと困るしねってことで
訓練みたいなものだと思ってた。他の科目にしても。
どれだけ読めるかとかどれだけ暗記できるかとかどれだけ計算
できるかとか、大事なのは脳みそを鍛えて知識を増やすことだと
なんの疑問も持たずに思ってた。

177 :可愛い奥様:02/11/05 02:44 ID:9rYdNAh2
言語って結局はコミュニケーション・ツールなんだから
問題を読んで出題者の意図をくみとるってのも国語能力のうちだと思うよ。
ってか、それってけっこう日常生活でも仕事でも役に立つ能力だし。
感性なんか、テストで測ってもらわなくても、自分で大事にしておけばいいじゃん。
しょせん「国語」であって「国文学」の授業じゃないんだし。

178 :可愛い奥様:02/11/05 05:58 ID:qYsgE0cM
家庭保育園やらされて育ったけど「二十歳過ぎたらただの人」です。
確かに小学校までは勉強の先取りしているし、要領がよくなるから
成績はよかったよ。ただ、中学からどんどん失速していったけどね。

まあ、小さい頃から本に慣れ親しんだ事は有効だったかな。
でもそれだけ。専業主婦になった今では何の役にもたちません。

179 :可愛い奥様:02/11/05 06:22 ID:h8No42g8
>178
今は普通の人っていうご意見聞くとほっとします。
普通でよかったです。
悪いほうじゃなくて。

180 :可愛い奥様:02/11/05 14:17 ID:ZzUCSLLy
現代文の試験問題で、感受性云々を問うような問題って多かったかな??
本文に書いてあることをそのまま(言い換えとか抜書きとか)回答すればOK!
という問題がほとんどだったような?
私も子供の頃から本が好きだったので現代文は苦労しなかった口です。
たまたま受験生時代に好きで読んでたのが随筆とか評論系だったからかもですが。


181 :可愛い奥様:02/11/05 14:37 ID:rQO1kDHs
>178
家庭保育園ってどんな事やるの?

182 :可愛い奥様:02/11/05 15:09 ID:byYbbAq/
>180
現代文とか小学校の国語とかで詩の解釈の試験で
何度も泣いたことがあります。あと、なまじ
好きな小説家だと評論とかにも手を出してたせいで
解釈系の問題でも悩んだりしてました。(作家の伝記を
読んだことがあったりしたらとかね)そういう意味で
向田邦子ファンだったので彼女の文章が試験問題で出ると
「でもこれって絶対父親への憧憬が本音だよね」とか
余計なことばっかり考えてしまった。

そういう意味で自分としては、小林秀雄とかベタな評論文の
方がテストは楽だった。

183 :可愛い奥様:02/11/05 15:44 ID:ZzUCSLLy
>182
そうかあ、、私は問題の「字面」だけ読めばいいじゃん、と答えてたから…
上に書いてある「試験と割り切り」するタイプだったのかな。

詩はまさに試験に不向きなジャンルですね。
それが出題者もわかっているせいか、模試でも受験でも詩はあまり無かったような…
本筋と全くそれてきたのでsage。

184 :可愛い奥様:02/11/05 15:48 ID:Cer3duSJ
>>179
私は多分「悪い方」・・・・・゜・(ノД`)・゜・
田舎だったのもあって、高校入学までは勉強しなくても
トップでした。
でも、元は大して良くなかったから、高校からはどんどん下り坂。
プライドだけは高く、でも努力する方法も知らず、
(両親の期待や失意も大きく)
散々な青春でした。トホホ


185 :可愛い奥様:02/11/05 23:58 ID:rFDhrH2P
七田式とか経験して今に至る方とか見えません?
右脳開発のその後が気になるのです。

186 :178:02/11/06 01:30 ID:4vJmj9t8
>181
覚えているのはフラッシュカードとドッツカード。
写真みたいなのを凄いスピードでめくられるのとランダムな丸が書かれた
カードを見せられて、瞬時に何個丸があるかを判断するの。
積木みたいなのとか、玉算盤とかもあったな・・全部が七田式じゃないかも
しれないけど。
あとは、とにかく本を読まされた覚えが。論語と百人一首は今でも
かなり覚えているけど、それが何の役に立ってるかっていうと・・・
まあ、人より本を読むのが早くて、要点を掴むのが得意、という程度です。

187 :181:02/11/06 03:02 ID:LS/hl7VW
>186
教えてくれてありがとう。
親は随分熱心だったんだねぇ。
少なくとも中学あがるまでは成績良かったって事は、やっぱり幼児教育って
有効なのかなーと思ってしまった。

188 :可愛い奥様:02/11/06 04:26 ID:x2nNR88+
小さい頃からの英語教育(週に1回程度)は
あまり将来に結びつかない。
しかし小さい頃の読書量は関係あることが多い。

・・・・・ということですかね。


189 :可愛い奥様:02/11/06 06:06 ID:Z0zusCsi
早期英語教育には興味がないんだけど、今アメリカに住んでいるので
子供は(1才半です)自然と英語を聞いて育ってます。
日本人の私はグッドとかハローみたいな単語で教えがちなんだけど
こどもはグッジョブ、ハーバーチュー、ハーハーユー(ハロー ハワイユー)
という感じで、まわりの大人のしゃべる言葉を丸ごと真似して覚え初めてる。
それが、自然な感覚というものなんだろうな・・・と思う。

2,3歳児が英単語を何個覚えても、そんなものはあとからいくらでも
身につけられるものなんだと思う。
小学校に上がるまでには帰国すると思うけど、義務教育以前に日本で
英語教育をしようとは考えなくなりました。同じお金を使うなら
高校・大学くらいで留学を勧めると思います。

190 :可愛い奥様:02/11/06 07:59 ID:LXUKJ6sZ
英語はね〜、耳から覚えた英語(外国語全般)は、使わなくなったら、耳から
入ってこなくなったら忘れるが、文法から入ったものは少々使わなくても
忘れない…と数ヶ国語を話される桝添要一さんがおっしゃってましたよ。

191 :可愛い奥様:02/11/06 11:47 ID:6AHUwqmp
遅レスごめん。

>167
>受験の国語は情報処理です。
わかるー。
作文書くんでも、評価する人の好きそうな書き方ってあるもんね。

普通に本読むのも国語の授業も好きだった。
しかし、数学や理科は「なんで?」と思ってしまって苦手だったなー。
国語みたいに割り切ったらテストだけはなんとかできるようになったけど・・・。

192 :可愛い奥様:02/11/08 10:54 ID:8RjUZNj4
英語だけど・・・。
せっかくネイティブ並に発音できるようになってても、
小学校でからかわれて、日本語英語読みするようになっちゃったって話、
聞いたことありますです。
幼児期の英語教育は発音どうのこうのより、英語に親しむことが一番なんだろうね。
英語を抵抗感なく学べる土台を作ってあげるって感じで充分なのかな。。。

193 :可愛い奥様:02/11/08 13:26 ID:+PUeGw3F
>192
それって何年前の話?それとも住む地域の違いかなあ。
周りは英会話習うの当たり前で、発音いい子ばっかりだよ。
このまま習い続ければ大人になっても日本語並に使えるでしょう。

194 :可愛い奥様:02/11/08 15:35 ID:gVjKXrlK
>このまま習い続ければ大人になっても日本語並に使えるでしょう。
それって疑問・・・というのが、このスレのここまでの流れじゃなかった?
っていうか、日本語と英語両方マスターさせようとすると、
結局両方中途半端になるっていうのが・・・


195 :可愛い奥様:02/11/08 16:40 ID:tX7eqW6m
公文ってどうですか?
小さい頃からやっててよかって点、悪かった点など教えて下され。

196 :可愛い奥様:02/11/08 18:22 ID:j6gcdzHn
このスレ面白いなぁ。
現在2歳の娘を育ててるけど、今のところは何も習い事はさせてない。
そのうち何かを習わせたいとは思ってるけど、強要してる感じもするし、
DNAのこともあるしで(w、色々迷ってる。

自分は5歳からテクニトーンを習ったけど、ペダルが出てくるところで早くも挫折。
今じゃ何も弾けないし、楽譜も読めない。

197 :可愛い奥様:02/11/08 18:29 ID:9KBKW0Ab
私の思うに、なんでも早くから、習わせればいいっちゅーもんではないと思う。
好きになったり、夢中になれば小さい頃からやっる子を簡単に
抜けます。
私はスイミングでそんな体験をしました。
よってうちの子は、年中だけど自分がやりたいと
言ったサッカーと幼稚園の体操教室のみ。

>>195
公文は小学校になると「公文式」って言うぐらだから
学校のやり方と違います。先生に違うこと言われるから
私は受業がおもしろくなかったです。
けど、計算は早かったけど応用問題に弱いです。
公文は宿題をやる時に、親が一緒についてやるかやらないかで
すごい差がでるみたいですよ〜


198 :可愛い奥様:02/11/08 18:31 ID:rHriVEEC
すみません、これの事でしょぅか?
ttp://www6.ocn.ne.jp/~fsg/kyoju.jpg
幼児教育って?!

199 :可愛い奥様:02/11/08 18:41 ID:4umXwPKA
わたすもカホやら七田やら資料請求しまくり
英語教育に至っては、rとlの発音の違いは6ヶ月までにわからなくなる
という言葉を鵜呑みにして、DWEをあやうくフルセット購入しかけたが
突然悟った。国立大学附属小に通ってた自分の小さい頃を思い出して。
で、いまは子供には何もさせない方針に落ち着いた。

200 :195:02/11/08 18:47 ID:tX7eqW6m
>>197
計算が早いというのはいいですね。自分が計算苦手なもので。
もう少しじっくり考えてみます。
習わせようかどうかかなり迷っているのは書道。
きれいな字って財産ですよね。
でも、書道やってても普段の字はめっちゃ汚いという人も知ってる・・・。

201 :可愛い奥様:02/11/08 18:48 ID:9KBKW0Ab
>>200
それならかきかたにしたらどう?
硬筆と毛筆じゃ全然違うからさぁ〜

202 :200:02/11/08 18:55 ID:tX7eqW6m
>>201
「かきかた」ですか。調べてみます。
ありがとう。

203 :可愛い奥様:02/11/08 19:18 ID:Ry/DpOyc
英語、塾、習字、絵画、ピアノを小学校前から始めさせられた。

なにひとつ身につかず。大人になって結婚して駐在でアメリカ住んだ。
そのおかげで夫婦で外国人と会食して雑談するには困らないぐらいの
英語力はある。必要でなければ結局だめだと30にして悟った。

204 :可愛い奥様:02/11/08 19:24 ID:YBqbBKU6
>>195
夫が公文行ってたみたいで計算は今でも得意らしいよ。
数学激苦手な私にはそこだけ尊敬・・・
でも、学校よりもの凄く進んじゃうそうなので
授業はキチンと聞いてなかったらしい・・・そこがいけないとこですね。

205 :可愛い奥様:02/11/08 20:47 ID:j6gcdzHn
そう言えばうちの旦那も公文に行ってたって言ってた。
何をやってたか聞いたら、計算をプリントで黙々とやっていたそうだ。
先生から駄目出しされると、いつまでも同じプリントをやらされるとのこと。
同じことを繰り返すんだから、計算はそこそこ速くなるけど、
俺はこの上なく退屈になって、ほどなくして辞めたとのこと。
どれぐらいの期間やっていたかで変わるんだろうけど、
うちの旦那は特に計算は速くありませんです。

ん〜、そろばんと公文ならどっちがいいんだろ?


206 :可愛い奥様:02/11/08 20:49 ID:XxiSTVoh
公文式をこうもんしきと読んでいた私。
幼児教育には無縁でした。

207 :可愛い奥様:02/11/08 20:52 ID:gQuRSPpg
公文式って小学生で因数分解とか微分積分とかまでいっちゃうんですよね。
小学生の頃はやってる友達をスゲーって思ってましたけど
東大の友達に聞くとあれはあんまりよくないといわれました。
私の子供にはやらせないと思います。

208 :可愛い奥様:02/11/08 20:54 ID:2886D+Vz
私が幼稚園の時、もう20年ぐらい前だけど、リトミックうけました。
それぐらい。あとピアノとバレエ。
母いわく、とにかくお金のかかる幼稚園だったよ、と。

そして今普通の既婚者の私

209 :可愛い奥様:02/11/08 20:55 ID:gQuRSPpg
>>200
あーそれ私です。
小学校6年で5段までいきました。
でもペン字ははっきりいってひどいです。
持ち方がペンでも毛筆の持ち方しちゃって。
いまだにくせは治りません。

210 :可愛い奥様:02/11/08 20:57 ID:KoRiDR5C
夫が元苦悶式です。
暗算は確かに得意で消費税もさっさと暗算してレジと同時にピターリ
小銭出したりしてるから、私もやっとけばよかったカシラ・・・と小一時間

211 :貞子 ◆Eieonku9JE :02/11/08 20:58 ID:TTi08k+c
こんなふうに・・・・・・!!
http://www.geocities.co.jp/Playtown/8456/bg_cg/sadako.jpg
ああーーーーーーーーー

212 :可愛い奥様:02/11/08 20:58 ID:1KSAPEBN
>>205
私は小3からそろばんを習ったので幼児教育ではないけれど
(算数の授業であったので、当時そのくらいで習うのが一般的だった)
今でも消費税の計算、割り勘の計算など一瞬でできて便利です。
6年生までやって、珠算二級、暗算一級です。
同じくらいやってた友人は段まで行ったので、「できる方」ではなかったですが。
公文はやったことないので比較できませんが、そろばんは楽しかったし
時間の大切さも分かって(試験時間が10分とかで、1分でも貴重だと思った)
「やってて良かった」 (w と思える習い事でした。

213 :可愛い奥様:02/11/08 21:01 ID:X40ZMsbR
>207
そりはすごく進んだ人の話。
うちのせがれは学校の授業とほぼ同じことしてますよ(w
良くも悪くも繰り返しだからなー。
それに、教室にもよりますよ。
うちの教室はアドラー心理学やってるセンセイなので、いわゆる「天才児作り」はしてない様子。

214 :可愛い奥様:02/11/08 21:01 ID:07k1X2a8
苦悶。小4から中3までやってました。
最終的には高校卒業以上レベルまでやった。
でも今ではなーんにも役立ってないです。
計算が多少速くなるのは確かだけど。
大学は一応理系だったけど、苦悶の勉強とは違った。

苦悶には辛い思い出しかないです。
宿題が辛くて辛くて。。。

215 :可愛い奥様:02/11/08 21:15 ID:f5NeunRv
>214
苦悶、すごく興味ある。子供にやらせようかな、と思ってるんだけど。
小さい頃に「自分は出来る」って感覚が身につくと、それが暗示になって
ずっといい成績を取ることができるのではないかと思うのですが、
そういう効果はありませんでしたか?

216 :210:02/11/08 21:17 ID:KoRiDR5C
そうね。良さそうね。コドモにとっては苦悶かもしれないけど
私も夫みてて公文いいなって思ったよ。
しかも高校までずっと数学は満点に近かったって言ってたし。

217 :205:02/11/08 21:17 ID:j6gcdzHn
>>212
ありがとう。

私が計算全くできない人なんで、子供に興味があれば
学校あがる頃にどちらか習わしたいなと思ってるんです。
やっぱりそろばんの方がいいのかな?

218 :可愛い奥様:02/11/08 21:22 ID:IaHll9uJ
確かにそろばんは役に立つ。(経験上)
今時のそろばん塾は、そろばんだけでなく、
算数のドリルやコンピューター暗算なんかもやっているので
いいと思うよ。

219 :可愛い奥様:02/11/08 21:23 ID:dvf1+c1R
>215 公文じゃないですけど
> 小さい頃に「自分は出来る」って感覚が身につくと、それが暗示になって
> ずっといい成績を取ることができるのではないかと思うのですが、

勉強頑張らなくてもできると逆の暗示
   ↓
努力しない
   ↓
勉強できなくなる
   ↓
(゚Д゚)マズー

220 :可愛い奥様:02/11/08 21:27 ID:gQuRSPpg
通販のマサマジックスやればいいんじゃないの。
9000円で済むみたいだし・・・。

221 :可愛い奥様:02/11/08 21:29 ID:6TGeewLu
甥姪すべて公文に通っています。まわりもコドモを公文に通わせている人多い。
どうしてこんなに公文流行りなのかなぁ。宣伝が上手いということもあると思う。

222 :可愛い奥様:02/11/08 21:30 ID:KoRiDR5C
昔キオークマン使ってた人の話も聞きたい。

223 :215:02/11/08 21:30 ID:f5NeunRv
>219
そうですねー。そうなっちゃう可能性もありますね。
かといって何にもやらせないままにしておく勇気もないんです。

そろばんはよさそうですね、確かに。

224 :197:02/11/08 21:44 ID:9KBKW0Ab
そろばんは指を使うってこで、脳の働きがよくなるらしいよ。
ほらっ、ボケ防止に指先使うといいってよく言うジャン。
私は、子供に公文よりそろばんさせたいな。


225 :可愛い奥様:02/11/08 21:54 ID:07k1X2a8
>>215
いやー苦悶はやめたほうが。。
学校の成績とは直接それ程関係無いと思うし。
勉強はテクニックじゃなくて考え方だと思うし。
苦悶の宿題する時間があったら、本を読むのが良いと思われ。
それと、お子さんと一緒に身近な物理や天文学とかの勉強をすると
すごく良いと思う。
親が分からないことがあったら、子供と一緒に図書館で調べるとか。

ホント、苦悶はやめたほうが良い。
私も妹もいつも「進度一覧表」(とか言うのがある)で
全国何位とかに入ってたけど、そんなの今現在ちっとも意味をなしてない。

でも一つだけ苦悶に入って良かったこと。
そこの教室には世界文学全集みたいなのが色々あって、
生徒に貸し出してくれてました。
そこで本を借りて読みまくったことです。
子供時代に良い文学に出会うことは重要です。

226 :可愛い奥様:02/11/08 21:58 ID:gQuRSPpg
そういやそろばん人気爆発!ってテレビでやってた。
はやってるんだね。

227 :197:02/11/08 22:00 ID:9KBKW0Ab
うちのダンナは子供に、勉強はいっぱいしなくてもいいよ。
勉強は短時間に集中し、いかに要領よくやるかだよ。
と、言ってます。

そんなダンナは、ずっと公立で大学はWです。


228 :可愛い奥様:02/11/08 22:01 ID:bSxetciy
く○んはやばい。
あやしい。


229 :215:02/11/08 22:01 ID:f5NeunRv
>225 レスありがとうございます。
ちょうど自宅のそばに苦悶の教室があるので興味があったのですが、
小さいうちからあんまり宿題にばかり追いまくられるのはかわいそうですものね。
参考になりました。

230 :可愛い奥様:02/11/08 22:33 ID:LhBpSPXG
>>215
確か社民党 保坂展人っていう議員だっけ? もとは教育評論家で、大昔
苦悶の成績優秀者のその後の追跡調査をしたという本を書いていた。
あまりしっかり覚えてないけど、高校・大学時代になると
苦悶で出来の良かった子も他と大差なくなっているという結果だったと思う。

苦悶は、子どもが幼い時「字を書ける。計算が早くできる。」とオトナにとって
とても分かりやすい、安心できる生産性に直結するから、皆飛びつくと思うな。
でも子育てや知力・学力なんて、そうそう早くから数値化できるもんじゃあないと思うけど。
もっと大切なことあると。

231 :可愛い奥様:02/11/08 22:47 ID:sEfo9GuG
近所の年少の子が苦悶にいっているんだけど、
たとえば「1+1」は1の隣の数字を書く、
「2+1」は2の隣の数字を書くって教えてもらうとか。
なんという教え方。。。。。

ウチの夫は全く幼児教育を受けない人でした。
高3の夏まで部活に明け暮れ、その後勉強をがしたくなったらしく、
本格的に始め、東大へ。強制されることがなかったので、
未だに勉強することが苦ではないみたいです(今は研究所勤め)。
「親がやらせたいことは、必ずしも子供がやりたいことではない」
という彼の信念のもと、娘も教育的なことは一切やっていません。
わたしもとりあえず、今は情緒的に豊かな人間になる基礎が
できればいいと思っています。


232 :可愛い奥様:02/11/08 22:58 ID:ToxzlHRM
何を習わせるというより、親の問題が大きいと思う>勉強

親がいかに周りの事象に興味を持ってたり、また
興味がなくても知識として持っているかって大事かと。
それが子どもの好奇心も喚起するような。

ただ、子どもには向き不向きがあるから、いわゆる
勉強が苦手な子もいるしね。私個人の考えだけど、
子どもが好きなことを見つけることを助けられたらなあと
思うよ。大学いくより、職人に向く子もいるしね。
音楽やスポーツは早期教育にとりあえずトライしなくちゃ
いけないけど(うちは趣味程度)。




233 :可愛い奥様:02/11/08 22:59 ID:raPXsYJE
幼児教育を受けたコはそれをしなかったら、今より低レベルだったかもしれない
し、やってもやらなくても同じだった、とは断言できないよね。
幼児教育を語る時、就学前の2〜3歳の子供の話しを聞きたいと思ってしまう
小学校入ってからでは少なくとも早期教育とは言わないもんね。


234 :可愛い奥様:02/11/08 23:17 ID:qivLmbnZ
3歳から音楽教室に通い、5歳でオルガン、7歳から中3までピアノを
習っていますた。あと習字(毛筆と硬筆)を小1〜中3まで。
音楽関係の教室に通っていて今役立っている事は子供(1歳)に
簡単な曲を弾いてあげることぐらい。特にCMソング系が好きで、
右手で主旋律、左手は和音を適当につけて弾いてやると小躍りするのでつ。

習字で得した事は、高校生の時父親の年賀状の宛名書きを5000円でやった事
ぐらい(w。筆ペンで100枚以上書いたっけ。

235 :可愛い奥様:02/11/08 23:25 ID:dl1NZZyD
就学前、2,3歳かあ。

多分無駄。怪しい商売はあるけど、
その年齢で受けた特異的な刺激でいいことがあるって、
学習心理学とか発達心理で聞いたことないんだよ。
あんまり論文もないけど。

刺激といえば、視覚、聴覚、あらゆる感覚を
しっかり使うくらいしかないよなー。
そして、周囲の人間と子どもがきちんとお話して、
情緒的な基盤を育てることかな。

幼児教育に熱心な人は、何を求めているのだろうか?


236 :可愛い奥様:02/11/08 23:30 ID:c0YGnIMm
http://kanaharap.tripod.co.jp/deai.html
    
http://k-server.org/kabu423/h.html
    
http://basan7.tripod.co.jp/basan.html
    
http://kanaharap.tripod.co.jp/happy.html 
    

237 :196:02/11/09 00:36 ID:1mL+JQ1o
>>235
レベルの低いレスで申し訳ないけど、
最近は子供も減ってきてるし、親がどこかへ連れて行かない限り
子供同士の世界がないってのもあるんじゃなかろうか?
(それが公園であったり、習い事であったり)
子供が習い事をする傍ら、親は親で似たような価値観のママ友を求めてる。
子供に大きいことを期待してる人なんて、そうそういないように思えるな。

うちも色々と習い事は考えてるけど、とりあえず来年からヤマハの3歳児コースに
行ってみようかな?と考えてる。
理由は子供が踊るの大好きなことと、子供同士の世界も体験させたいからということ。
ちなみに、私はママ友は特に必要ないけど、幼稚園の情報など聞きたいってのはある。

で、ヤマハの幼児コース行かせてた人いませんか?
どんな具合でしょうか?(w

238 :可愛い奥様:02/11/09 05:04 ID:S8dKA25v
陰山メソッドやってた人ってその後どうなったのかな?
・・・って、幼児教育じゃないか、これ。

239 :可愛い奥様:02/11/09 11:45 ID:7WfDwFYt
>>235 禿同。
TIMEやAERA紙上でも幼児教育の弊害のデータが公開されていたね。
大学教授や心理カウンセラーが、幼い頃得る知識と引き換えに
年齢相応で本来得るべき情緒の発達やコミュニケーション能力、学習欲が
明らかに欠如してしまうと研究結果を出していた。

でも237の気持ちも良く分かる。特に第1子の場合ならね。
遊ぶ力とか協調性なんかがあまりに取り上げられすぎて
親も子も、「友だち作らなきゃ」「仲良くしなきゃ」って孤立するのが
怖いから、公園や幼児教育に足を運ぶんだよね。
それで親子がそこそこ安心して毎日を過ごせる手段ならいいと思うが
何か費用対効果みたいに結果を子どもに求めるようになると
まずいかなと。

240 :可愛い奥様:02/11/09 11:50 ID:YB6lLnek
週刊アスキー、他で紹介されてる。
見れば分かるけど、その辺で買うよりかなり安い!
女ウケもいいし、気兼ねなく通販のできる環境の方に
絶対お勧め!!
http://www.adultshoping.net/linkstaff.cgi?id=001951

241 :可愛い奥様:02/11/09 15:22 ID:tAq4TFZn
>199
私も幼児教育の「幼児の頃にやっておかなければ・・・」みたいな煽り広告に
不安になり、20万もする教育セットを買おうかと思ったけど、旦那に諭されて
やめた口です(w
買わなくて良かったと思う。
>200
計算早くなるぐらいなら、そろばんで十分。
公文は数学の応用が出来なくなるって良く言われてるみたいだけど。
それと書道7年やってて字がすごく汚いのは私です(w
綺麗な字にしたいならペン習字。

242 :可愛い奥様:02/11/09 15:32 ID:nLYOs7cV
そろばんと実用書道だよね。役に立つのは

幼児教室ってやっぱり少子化の影響で
親子が他人と触れ合えるための場所として
あるっていうのも頷ける

心理かなんかの本で集団生活は小学校でいいというのもあったな
なんでもおうちで母親がきちんと育てられれば
大丈夫とか何とか。うるおぼえなんだけど



243 :可愛い奥様:02/11/09 15:33 ID:agdRLRYw
>>241
>綺麗な字にしたいならペン習字。
禿同
私も子供の頃書道6年間やって、その協会の定める級の最上まで
行ったんだけど(特待生)、字が汚いです。
書道って芸術性も含むいうか、字が綺麗、汚いだけの判断じゃないと思うんです。
教わっていた先生からも、「なんであなたが特待生になれたのか、方針が分からない」と
言われたっす。大人になってからはやってないので、何とも言えないのですが・・・。

244 :可愛い奥様:02/11/09 15:34 ID:YeAIRRGf
幼少時代「チャイクロ」という、当時は値の張った教材で
勉強させられていました。

が・・・教本をびりびり破ったり、羊に鼻毛を描いたり、
テープ(カセット)をびよ〜んと伸ばしてみたりとさんざ
んだったようです。

ショックを受けた母親に、ガツンとグーで殴られた記憶だ
け残っています(W

与えられたおもちゃをことごとく壊したのは兄弟の中で私
だけだったようですが、そのおかげか?壊れたものを直し
たり、他のものに作り変えたりするのは得意です。

一応大卒ですが・・・チャイクロは役に立ったのでしょう
か?


245 :可愛い奥様:02/11/09 15:41 ID:hqbkAlBI
>>一応大卒ですが・・・チャイクロは役に立ったのでしょう
 か?

何か???
人間性&かしこい大人、大卒だから決まるものじゃない。
とすれば茶意黒は役立たなかったんだ。




246 :保育者:02/11/09 15:44 ID:G1XFjXUZ
幼児教育=一般的に幼稚園、保育園での保育を指します
早期教育=胎児〜就学前に行なう、知的教育のこと

みなさま、使い方間違っています。したがって、>1の
「幼児教育を受けた人」とは、幼稚園、保育園に通っていた人と
いうことになり、殆どの人が該当することになります。

247 :可愛い奥様:02/11/09 16:26 ID:f0AEzkEj
>>246
いいたいことはわかるが、一般の認識と
制度的?な言葉って違うから、どうでも
いいんじゃないの。〜歳と〜歳児とか、いろいろ
違ったりするけど、どうでもいいと思う。

学校に行く前の子ども全般の話しだし。

248 :可愛い奥様:02/11/09 16:33 ID:tAq4TFZn
>247
同意。
246は揚げ足とってるようで感じ悪いよ。

249 :保育者:02/11/09 16:35 ID:G1XFjXUZ
>247 私が保育者だからそう思うのかな。
一般の認識が幼児教育とは幼稚園、保育園での保育だと思うんだけど。
ど、どうでもいいのか・・・。どうもお邪魔いたしました。。。



250 :可愛い奥様:02/11/09 16:41 ID:y797XgEX
>>249
もし、このスレが長生きしてパート2が立ったら、
その時は「早期教育」にしようね・・・
だから、あんまり落ち込まないように・・・うんうん。

251 :可愛い奥様:02/11/09 16:48 ID:QPT2s8dz
>249
尤もな指摘です。揚げ足取りとは思いません。

252 :可愛い奥様:02/11/09 16:48 ID:boiC2pVD
ピアノやバイオリンは早期教育が必要な分野だとは思う。
私は3才からヤマハで4才からピアノ、6才からリトミック
7才から桐朋の音楽教室に行ってました。
音楽教室では300以上の和音の聴き取りをドイツ語でする。
ドミソはツェーエーゲーと即座に言わないといけない。
シレソはハーデーゲーなんだけど、ハゲみたいな名前にいつも吹きだしそうになってました。
半月に一度はクラス替えがあって完全実力主義。
自分達で作った曲でミュージカルもしたり楽しかったです。



253 :可愛い奥様:02/11/09 16:51 ID:nLYOs7cV
やさしい250さんですね

>>1は幼児教育っていってるけど話したいのは早期教育だと思うよね(w

254 :保育者:02/11/09 16:58 ID:G1XFjXUZ
>250さん >251さん >252さん >253さん
ああああありがとうございます。揚げ足を取ったつもりはなかったので
落ち込んでいたところですた。ウエーン。これからは言い方に気をつけまつ。

255 :可愛い奥様:02/11/09 17:23 ID:QPT2s8dz
>254
どんな言い方しても、非難される事あるからね、気にしなくていいyo

256 :可愛い奥様:02/11/11 02:58 ID:ZYaGD7zU
>>237
ヤマハの3才児ランド 今は2才からの「音の遊園地」になったのでは?

いろいろです。その後の集団レッスンがいやで、ピアノがきらいになった子
個人レッスンに切り替えて、マイペースでピアノやってる子
きっぱりやめて、バスケにのめりこんでる子
エレクトーンで、グレードとるほど進んでいる子

個人差があるのでなんとも言えませんが、
音楽好きそうなら、いっても楽しいかも
強要はダメですね

257 :可愛い奥様:02/11/11 23:00 ID:Eka96NlW
age

258 :可愛い奥様:02/11/12 01:37 ID:KAskv0nr
フラッシュカードを幼少の頃やっていた人は大人になってからどうですか?
最近、右脳教育の問題点を指摘する文献が多いですけど、実際はどうなのかと。


259 :可愛い奥様:02/11/12 09:30 ID:bQnLysEy
家の長女まだ中2なんですけど、頭の良い子をめざして
生まれる前から胎教(ほんの少し)、産まれてからはベビーベッドの上に平仮名、
アルファベットを書いて貼る、絵本を見せるetc.をやりました。

幼児期は、よだれを垂らしながらもピアノに触れさせる、各種ドリル、某幼児教室に入れ
そこでは、英語、論語、俳句の暗証、フラッシュカードetcをやってたようです。

幼稚園は、モンテッソーリ教育で世界地図暗証、針仕事、数の概念etc.が
毎日組み込まれてました。
カワイ体操教室とヤマハ幼児教室にも・・・。
その後国立大付属小受験の為の塾へ通いましたが、不合格。

公立小へ行き、ピアノとスイミング。
4年から進学塾に通い一応トップクラス私学に合格。
現在に至っています。
こうやって書いて見ると我ながら驚くのですが、ほとんど身についたものがない。
とほほ・・・・。。
現在も成績は普通でしかないし、特別勉強が好きな子でもありません。
長々とすみませんでした〜。


260 :可愛い奥様:02/11/12 09:48 ID:a2v/v0qA
そろばん暗算一級だけど計算早いのと瞬間的な記憶力がいいです。
でもそれだけ。数学の応用力は無いですよ。
頭の回転は早い方かもしれない。
指を使って脳を刺激とかならタイピングいいんじゃないかなと思う。


261 :可愛い奥様:02/11/12 09:48 ID:GNJLn+LM
>>244
♪チャイクロとぉ〜 一緒にぃ〜 幼い心も身に着けるぅ〜
 (チャイクロはアナタの子供を応援いたします)

チャイクロと見たダケで、この歌を思い出してしまいますた(w
なぁ〜んか陰気なCMの歌だったなぁ〜、今でもあるのかしら?>チャイクロ

262 :可愛い奥様:02/11/12 09:53 ID:LGRE4k03
東京コドモクラブ、小さい頃やってました。多分相当値の張るものだったと思います。
二十数年前なのでレコードを聞きながら絵本を読むような教材だった気がします。
「こうじおじさんのおはなしぶくろ」が大好きでした。
こうじおじさんて、石坂浩二だったのね。最近知りました。

263 :可愛い奥様:02/11/12 09:59 ID:E1lnbaxz
東京こどもクラブ、チャイクロ、旺文社のLL教室、公文、スイミング、
ピアノ・・・小学校に上がるまでにいろいろやったけど、どれも身についてません。
両親に申し訳ない。

264 :可愛い奥様:02/11/12 10:26 ID:bV7eROl+
チャイクロの歌、
「幼い心も旅に出る〜」(音符出せません)
じゃなかったかしら?それで、どっかにつれてかれる!!
とあの陰気なCM見るたびにコワ〜でした。

265 :可愛い奥様:02/11/12 10:58 ID:ZceS+ZgB
東京こどもクラブ、そういえばわたしもやってたなあ・・・。
実家にまだあるはず。

266 :可愛い奥様:02/11/12 11:02 ID:LOm/Mpyi
やってた〜なつかすぃ、東京こどもクラブ。
あれをぼんって与えられて自分で勝手に聞いていた。
親に本を読んでもらった記憶が無い・・かも・・


267 :可愛い奥様:02/11/12 11:18 ID:oOXZK47G
東京こどもクラブやってますた
お話の音楽がクラッシックで結構よい教材だったと思う
幼児教育というより一種の娯楽でした
まだとってあるので子供に聞かせたいなと思ってます

268 :可愛い奥様:02/11/12 12:00 ID:dZeov6UI
夫は幼児教育と言って良いか分からないけど、
日曜日以外全て習い事をやらされていたそうです。。
英語に塾に公文に書道にそろばん
小学生の頃は学年一番とか当たり前だったらしく、
調子に乗って、かなり良いところの私立中を受験したら失敗。
それから下降一直線で、アニメオタクに変身!
それから65位の普通の高校へ行って、大学諦めて専門学校へ!

で、今は、極普通のサラリーマンですがなにか?(w

269 :可愛い奥様:02/11/12 15:22 ID:J/ohPtwV
皆さん、子どもに英語やらせようとするなら、
単語より、マナーを踏まえた英語をおながいします。
すごく発音もよくて語彙もある子でも
飛行機でのオーダーなどで「プリーズ」もつけられない子が多いのが現状です。
なんか間違っとります。
日本人が英語できなくたって外人は怒りませんが
公共の場でのマナーを守れない日本人にはプンプンです。
教育一辺倒のママさんの中には、そこを分かってない人が多すぎます。

関係ないのでsage

270 :可愛い奥様:02/11/12 15:45 ID:KAskv0nr
>259
正直な方ですねぇ。それだけお子さんにやったら、ウソでも優秀と書きたくなると思いますが(w
色々やって来た中でも、これはやってて良かったと思うのは何ですか?

271 :可愛い奥様:02/11/12 15:47 ID:9iSsauej
チャイクロ懐かしい・・・CMの歌(がいしゅつですが)の
メロディが怖くてイヤだったけど、フルセット持ってた。
今もあるみたいです。

272 :可愛い奥様:02/11/12 15:48 ID:jXT4wgKc
子どもが5歳になってから、やたらと苦悶式のDMが来る。
やらせる気はないが…

273 :可愛い奥様:02/11/12 15:56 ID:KAskv0nr
苦悶式ね・・・。私が小学校の頃も結構いたな。
学校で友達にプリント配って宿題やってもらってる人が多かった(w
そろばんやってる子たちの方が算数は出来が良かったです。

274 :可愛い奥様:02/11/12 16:15 ID:Zk2K/SDA
くもんって、計算が得意になるだけで、
それだけって思う。でも、計算が得意で
それが一つの自信につながるっていう
場合もあるからなあ。それならそろばんでも
なんでもいいわけだが。根本的な学力向上には
寄与しないだろうね。

275 :可愛い奥様:02/11/12 16:19 ID:ksZ2pMCb
計算できないより早い方がいい。
ちょっとした知り合いで、高卒の元ヤンキー
ずっと公文やってたらしく、計算は今でも超早い。
それだけで、元ヤンキーだけどお〜っとオモタヨ。


276 :可愛い奥様:02/11/12 16:20 ID:ksZ2pMCb
>>275
計算できないより出来る方がいい→訂正

277 :可愛い奥様:02/11/12 16:54 ID:Gb4HkBLF
今は苦悶は普通に行く所でしょう。
子供の頃苦悶行ってた夫は子供には苦悶は絶対逝かすなと
申しております。あの宿題が苦痛だったらしい。


278 :可愛い奥様:02/11/12 16:55 ID:9iSsauej
算数、文章問題は得意だったけど、計算がとろかったので
クモン行きたかったな。親が習い事は一切ダメって言う人だったので
習い事の思いでもないなんてさみしい。

279 :可愛い奥様:02/11/12 17:05 ID:oTFWqCal
知ってる子が小学校1年当時、すでに苦悶で微分・積分をやってた。
やっぱり授業態度は最悪だったみたい。
そりゃ、学校の算数の授業なんてやってられないんだろうなぁ・・・。
まぁ、これはかなり特殊な例なんだろうけどね。

280 :可愛い奥様:02/11/12 18:17 ID:EDJ4bKRF
うちの母、最初は公文の教室を開いていましたが、
そのシステムに疑問を抱き、自分で個人塾を立ち上げてうん十年です。
母曰く、公文は概して子供のためにならない、とのこと。
要領ばっかり良くなって、本質を見極められない子供になりがちだって。
でも、学校で良い思いをできるから、親には人気があるんだよね。

281 :可愛い奥様:02/11/12 19:46 ID:ksZ2pMCb
とにかく結果オーライ。
勉強する課程も大事だけど、今がどーかの
問題のような気がしてきた。


282 :可愛い奥様:02/11/12 19:50 ID:8ws39WlW
>>279
その後、その子はどうなったのかな?
就学前に中学校、あるいは高校レベルの数学まで公文で進んだコのその後
ってちょっと気になる。
偏差値としての結果(大学)はもう出てると思うけど。

283 :可愛い奥様:02/11/13 23:10 ID:ldkuCn6K
>282
私も気になるあげ。

284 :可愛い奥様:02/11/14 15:13 ID:5oo3FKKC
私も気になるアゲ

285 :可愛い奥様:02/11/14 17:00 ID:NYGZak4+
>>270
259ですが、やらせて良かったもの・・・スイミングは
体力がついたり体作りに役立ったかも?
それくらいかな〜。
受験塾も一応の結果が出せた。
これからの事は本人次第なので知らんが・・(w


99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)