2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【右翼や】ヒッキーが家永氏を礼賛【哀れ】

1 :朝まで名無しさん:02/12/02 16:41 ID:ATU50SEs
「教科書裁判」に半生を捧げた家永三郎さんがお亡くなりになりました。

私もさっきニュースで見たばっかり。

中学時代に「日本語」のクラスで勉強した国語の教科書以外に文部
省検定の教科書を使ったことの無い私には、あまり接点なさそうな
話なんだけど、、、実は高校で彼の「新日本史」を勉強してたんだ

唯一日本語で授業がすすめられる「日本語」のクラスは文学が中心
だというのに、先生が高校最後の本として家永三郎さんの「新日本
史」を選んだのです!
イワクつきの事件にもモレナク触れたその本が、文部省検定をパス
できなくて裁判にまで発展してたって聞いて興味は湧いたし、それ
までの日本史や日本社会のクラスは結局全部英語だったから、日本
史を日本語で勉強できるのも嬉しかった。

でもね、私は一番、文面にあらわれる筆者のキャラクターがありが
たかったなあ!

口癖が「〜は特筆に値する」だったりさ!

そういう色があるってことは教科書としては良くないのかもしれな
いけど、、、でも私は!人間っぽいあったかさを感じたよ、こう、
「子供に教えたいんだ!」っていう情熱をね。

唯一好きじゃない科目が「歴史」という私も、勉強しやすかったよ。

2 :続き:02/12/02 16:41 ID:ATU50SEs
同じ過ちや戦争を繰り返して欲しくないから、っていう彼の願いは、ど
こまで届いてるんだろう。
家永さんが亡くなっても、これからどんどん大事になっていくテーマだ
べ!!!
あの時読めてよかったと思う!
「新日本史」もずいぶん修正して出版したみたいだけど、まあ学校で配
られなくてもさ、読みたい人が読めれば、いいんじゃないかな!
どんな規制を受けても、こうやって、この本の話は彼のメッセージとと
もに広がっていくんだもんね。


3 :大天才様1号:02/12/02 16:52 ID:0ynLsQ2/
うんこ。

4 :|-`) ◆/ymona.SiQ :02/12/02 17:04 ID:ZYfhjHO6
うんこ。。

5 :朝まで名無しさん:02/12/02 17:59 ID:BfnLDNx6
ま、ウヨタンは窪塚でオナニーしてろってこった。


6 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:01 ID:rjMiErdC
筆記>>>>>>>>>>>>>韓国人>>>>>>>>>>>>>>右翼

ということでよろしいですか?


7 :えICMB:02/12/02 21:02 ID:DwjFUrDw
家永氏のご冥福を祈りします。
合掌。

8 :平泉澄:02/12/02 21:11 ID:8Hzg4BAF
裏切り者!


9 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:18 ID:i7D0SGD+
右だろうが左だろうが、信念の元に言論で行動する人は
尊敬に値する。

10 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:21 ID:UcBwozsu
言論・信念次第に決まってるだろヴォケ
自分と違う意見かどうか無関係に尊敬できる人は確かにいるけど。

11 ::02/12/02 21:25 ID:rjMiErdC
ソース
ttp://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/from_hikki/index_j.htm

12 :赤い彗星のののたん:02/12/02 21:26 ID:hCGcGsBX
┻( ´D`)┻ノ----⊃ 本当にうんこみたいな奴だったのれすね。

13 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:29 ID:Xd41a2ha
>>10
一行目と二行目の意図が正反対なんだけど?

14 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:32 ID:nl7vQNxj
戦前、自分の乗ってる電車が皇居近くに通りかかると、皇居に向かって
最敬礼し、しない他の乗客を殴り付けた元超皇国主義者・家永三郎。
著作集からは軍国・皇国論文を隠蔽。
素人古代史・考古学マニア上岡龍太郎から近現代史以前に古代史で
検定不合格の烙印を押された欠陥知性の持ち主。
思想的変節漢のあぼーん、おめでとうございます。

15 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:39 ID:TF3+vFOn
教科書ごときで人生観左右されんなよ。

16 :朝まで名無しさん:02/12/02 21:41 ID:GRqiDdiW
家永三郎は右翼に叩かれているのか?

17 :朝まで名無しさん:02/12/02 22:12 ID:20C4NFe1
>>14
付け足し。

皇居に敬礼しない乗客を殴りつけたのは、そうしないとその人が憲兵に連行されて
もっと酷い目にあわされるととっさに思ったから。家永氏は後でその人に非礼を詫び、
殴られた人は終生家永教授の恩を忘れなかったという。

著作集から軍国・皇国関係の論文を隠蔽(削除)したのは、そもそもそのような「論文」
自体が軍国主義的な空気から逃れるためのアリバイとして作成されたものであり、学問的
価値がまったくないことを家永氏自身がわかっていたため。

「今」という地点から昔を見ればいくらでも人の行為を曲解することは可能。14みたいな
人間こそがその時その時の雰囲気に振り回される典型。おおかた30年前なら世界同時革命
を本気で信じていた類の人間。






18 :赤い彗星のののたん:02/12/03 00:05 ID:6UciizaG
┻( ´D`)┻ノ----⊃
>>皇居に敬礼しない乗客を殴りつけたのは、そうしないとその人が憲兵に連行されて
もっと酷い目にあわされるととっさに思ったから。
 もしそれが本当なら、そういう時代にこそ自分の主張の正当性を堂々と主張すれば
いいのれすね。その時に隠れてて、戦後になってからえらそうな事をいうのは卑怯者以外の
何者でもないのれすね。
 そういえば、”知的障害者は危険すぎる”ってスレが今日(既に昨日か)になって
いきなり削除されていたのれすね。誰が削除したか、削除依頼したか知らないけど。
 正々堂々と意見を闘わせることもできずに対戦相手から逃げる奴は、昨日俺のことを侮辱した
奴よりもはるかに劣る正真正銘のゴミクズなのれすね。

19 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:25 ID:swQkmR7s
> もしそれが本当なら、そういう時代にこそ自分の主張の正当性を堂々と主張すれば
>いいのれすね。その時に隠れてて、戦後になってからえらそうな事をいうのは卑怯者以外の
>何者でもないのれすね。
 
君、治安維持法って知ってる?まさか、知らないわけないよね?
http://www.so-net.ne.jp/renaikagaku/renaikagaku/aitozou/ishikawa032002.html

20 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:30 ID:uIjsSm9X
ひとつ訊きたいのだが、家永氏は教科書検定制度そのもの
に反対してたわけだよね。
で、家永氏は「『つくる会』の教科書制作姿勢には反対だが
彼らも自由に教科書を配布できるべきである。」というような
ことは言ったのか。
それなら、尊敬はできるんだが少なくとも漏れは聞いていない。

21 :赤い彗星のののたん:02/12/03 00:31 ID:6UciizaG
>>19
┻( ´D`)┻ノ----⊃ そんな体制のもとで、自分の節を曲げずに
            命を落とした本当に勇気ある人達がいるのを
            君は知っているのれすか?知らないわけないれすよね。
             言っておくけど、ののたんは右でも左でもないのれすよ。

22 :赤い彗星のののたん:02/12/03 00:35 ID:6UciizaG
┻( ´D`)┻ノ----⊃ さらに付け加えるなら、たとえそこで逃げたことを
            よしとしても、戦争が終わった後に掌返したように
            自分の国の歴史を否定したり、自分の国のためになると
            信じて命賭けて戦った人達を侮辱するような恥知らずな真似は
            とてもできないと思うのれすね。少なくとも自分にプライドのある男だったら。


23 :赤い彗星のののたん:02/12/03 00:37 ID:6UciizaG
自分に→自分が 連続スマソなのれすね(´D`;)

24 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:38 ID:4T9Tbgg4
それは2ちゃんで住所本名さらして頑張るようなもん >>22

25 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:40 ID:nj5b4TMa
極東版で苛められたからって、こんどはこっちでスレ立てか?w
いい加減死ねよ。
>>1

26 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:50 ID:uIjsSm9X
オイ、もう終わりか。もう少し楽しませてくれよ
家永信者

27 :朝まで名無しさん:02/12/03 00:57 ID:EQhYrO8d
>>20
そもそもその姿勢を突き詰めると歴史教育が
なぜ必要なのかがわかんないんだけどね 
どうでもいい教科書でやるならやりたくない人間には強要できないはず

28 :朝まで名無しさん:02/12/03 01:13 ID:uIjsSm9X
>>27
つまり彼も多くのお仲間と同じく
「ダブルスタンダード」
なんですよ。

29 :朝まで名無しさん:02/12/03 01:28 ID:nNOei33o
今は亡き俺の母方の祖父は、昭和十六年の開戦前に米国相手の戦争に対して
反戦抗議をして連行されました。しかしいざ開戦後は、もはや反戦抗議する
時は過ぎたとし、少しでも日本が勝つためには自分に何が出来るか?を模索
しながら行動したようです。
 
そう言えば俺が二十歳の時、祖父は旧社会党の議員や、自民の紅の傭兵や宮沢喜一の事を
「ああいうのを売国奴と言う」と酔ったとき俺に言ってマスタ。

30 :朝まで名無しさん:02/12/03 01:57 ID:JopWXrdM
元桜花隊分隊長H大尉
 「(※特攻隊慰霊祭においての)生存者代表の祭文に、『東京裁判史観に惑わ
 されて国がおかしくなってしまった』というような文言が散見される。日本遺
 族会や靖国神社も『侵略戦争だなんて言うのは、戦没者の霊を冒涜するものだ。
 大東亜戦争は自存自衛の戦争である』とキャンペーンを張っている。
  特攻隊にかぎらず、戦没者の大部分は、上からの命令に従い、祖国民族のた
 めと思って戦ったので、侵略戦争問題には関係がない。
  侵略戦争問題は、為政者や権力者の行為に対して論じるべきだ。
  為政者や権力者の行為と、大部分の戦没者の行為をまぜこぜにして、戦没者
 の名を借りて、為政者や権力者の侵略行為を覆い隠そうとするならば、それこ
 そ戦没者に対する冒涜である。
  元特攻隊員の私とすれば、特攻隊の名を借りて、そういうことをされるのは、
 ぜったいに許せない。生理的嫌悪感というか、腸(はらわた)が煮えくりかえ
 る思いである。
  慰霊祭に政治を持ちこむことはやめてもらいたい。慰霊祭から政治色を抜い
 て浄化すれば、靖国神社も戦没者たちも、もっと広くから敬愛されるようにな
 るだろう」
 (生出寿『一筆啓上 瀬島中佐殿』(徳間文庫)所載)

31 :朝まで名無しさん:02/12/04 02:23 ID:WLJSJyDT
>>21-22

ようするに、(共産党以外の)ほとんどの日本人が変節漢の卑怯者だった、っていいたいわけだ。

32 :赤い彗星のののたん:02/12/04 07:34 ID:39/Uy7hw
>>31
┻( ´D`)┻ノ----⊃ 29をもう一度読んでみるのれす。
            
こんな阿呆もきょうび珍しいから、晒しageてみるのれすね(笑)。


33 :朝まで名無しさん:02/12/04 07:43 ID:JTak4N8l
治安維持法下の日本でも言論の自由はあったからな。
共産主義者でなければいきなりタイホ拷問とはならなかった。現に戦時中軍部批判していた
者や、「このままでは日本は負ける」といった言説の本が店頭に並んだりしてた

34 :朝まで名無しさん:02/12/04 07:44 ID:ZGpZ5LWV
>>33
本当ですか?

35 :朝まで名無しさん:02/12/04 07:49 ID:qDGkiW7E
>>34
ウソをウソと見抜けないと(略


36 :朝まで名無しさん:02/12/04 15:13 ID:/LP0vOLO
べつに宇多田が左翼なわけでも突飛なことを言ってるわけでもない。

>>1->>2の言説に反発する方が異常なだけだ。



37 :朝まで名無しさん:02/12/04 15:40 ID:gnhQPGmS
教科書検定に反対していた家永さんは、扶桑社の新しい歴史教科書も検定しな
いで出して良いという考えだったのだろうか。

38 :朝まで名無しさん:02/12/04 16:06 ID:JTak4N8l
>>34
本当。筒井康隆氏も「戦時中に言論の自由がなかったなんて、マスコミが
大政翼賛していた過去を隠蔽するためのウソ」と言ってる。
具体的な書名 >「このままでは日本は負ける」といった言説の本<
は、いまちょっと出てこない。探しとく。

39 :朝まで名無しさん:02/12/04 20:12 ID:sv6ub7FH
スレタイが「右翼やヒッキーが家永氏を礼賛」に見えてしまう。


40 :朝まで名無しさん:02/12/04 20:49 ID:aAdCSxeI
 ウタダVSコヴァはいつ勃発?

41 :朝まで名無しさん:02/12/04 20:56 ID:zLzHvbuZ
うんこ

確かにこれ以外コメントしようがない。

42 :朝まで名無しさん:02/12/04 21:13 ID:Oy7HLbqY
しばらく海外に出張していました。家永のクソ、死んだのですね。若い人は
仰天するかも知れないけれど、戦前の家永は皇国史観の若き学者の代表格で
した。それが戦後のある時期、突如として転向します。この論文は1946
年(昭和21年)の11月ですから、まだ転向前ですね。

この論文が出た直後、新聞で突然に「学制改革」が発表され、翌年の4月か
ら大混乱の中で学制改革が断行されます。その混乱の中で、家永は突如とし
て転向した、言わば戦後の進歩的文化人の代表格です。

先の大戦について、どのような歴史的評価があっても結構だと私は思います。
ですが、史実は曲げられない。ここで私が若い皆さんに訴えたいのは、先の
大戦は国民の圧倒的多数の支持のもとで遂行されたということ。国民の支持
なくして、あれだけの総力戦を何年も闘うなんて、物理的に不可能です。そ
れなのに戦後、敗戦という事態に直面した途端に、自分の責任を放棄して嘘
をつく人間が大勢出現した。家永は、その代表格なんです。




43 :朝まで名無しさん:02/12/04 21:22 ID:WLJSJyDT
>>32
>こんな阿呆もきょうび珍しいから、晒しageてみるのれすね(笑)。

ププッ。何でもいいけど、キモイキャラ作りやめろ


44 :赤い彗星のののたん:02/12/04 21:32 ID:39/Uy7hw
>>42
┻( ´D`)┻ノ----⊃ 「進歩的文化人」とか、「人権派」とかいう文言を
            こういうクズ共に使うのはいい加減やめろと思うのれすね。
             マスコミが本当の文化とか、人権がどんな重い意味を持つものか
            わかってない証拠なのれすね。
>>43
 レスの趣旨に対する反論や批判もできないクズ未満に対して、人権も、対等の立場に立って回答する
必要性も認めないのれすね。


45 :朝まで名無しさん:02/12/04 22:12 ID:sBIkHueJ
はて、言論の自由がありながらなんで中野正剛は死ななきゃならなかったんだろう、
と思うのれすね。

46 :朝まで名無しさん:02/12/04 22:20 ID:ep3caPza
>>45
まあ、そこは状況次第ということだったんでしょう。
戦争の進行とともに軍(=共産主義者)のつるしあげ体質に
拍車がかかったし、それに同意する日和見一般人も増えていったと
思われる。

共産主義者同士の内ゲバみたいなもんですよ。いまからみれば。
一方のセクトがたまたま政権の一部を担っていたと、そういうわけで。

47 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:03 ID:z5+c/Nem
まあ、家永氏は日本よりむしろ世界で高く評価されている知識人の一人(氏を
ノーベル平和賞に推薦していた人たちのメンツを見ればわかるが)であること
は間違いないのだが、こう言うと

「ここは日本だ。日本ではデンパ学者なんだゴルァ」

とおっしゃる人がまだいるみたいだな。その人こそ哀れでならない。


48 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:06 ID:ep3caPza
>>47
世界で評価されてるから、電波ではないとでも?大江は?

49 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:11 ID:/fRE/fnY
>47
ほう、家永が彼が批判してやまなかった柳田や津田より
偉大とはとても思えないが?(柳田は民俗学)
だいたいノーベル平和賞なぞ自慢にならんだろう。
ヒトラーすら候補になりかけたくらいなんだぜ。

50 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:19 ID:kxDoTTPK
>>49
ヒトラーすら候補になりかけたくらいなんだぜ。

ソースを教えて呉たまえよ.

51 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:19 ID:/fRE/fnY
岸信介なんか実際に推薦されたんじゃないか?
たしか。
実弟の佐藤栄作に到っては本当に受賞してしまったシロモノ>平和賞
お二方とも宰相としては賞賛にあたいするが、平和賞はねぇ・・・正直、ハァ?
ってところだ。

52 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:21 ID:+8HvXM5j
>>50
それ位誰でも知っている。
不勉強なオマエは自分で調べるくらいのことはしないとな。

53 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:22 ID:/fRE/fnY
>50
当たり前だが、第二次大戦勃発まえね。

ソースなぁ〜
間違いないはず、印象に残っているから、
ただどの本だったかといわれると…
忘れた。須間祖

54 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:25 ID:wPnNYTxH
金大中・・・・・・。

55 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:26 ID:kxDoTTPK
>>53
なるほど.
カーターだってもらったんだから、
かの人がその気になるのは無理ないな.
自分も探してみます.ども.

スレ違いご容赦


56 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:29 ID:wPnNYTxH
>>20
>家永氏は「『つくる会』の教科書制作姿勢には反対だが
>彼らも自由に教科書を配布できるべきである。」というような
>ことは言ったのか。
「作る会の教科書には絶対に反対だが、それを出版してはいけないとは
口が裂けても言えない」らしきことは言ったらしい。
その部分のみマスコミ板で賞賛されていた。

むしろ家永信者であろうクソサヨクは一体何を考えて
あそこまで「作る会教科書弾圧」を行ったのかと。

57 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:31 ID:ep3caPza
>>56
そうなの?

少しだけ見直したよ。

58 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:34 ID:VurypkLY
>>33
>現に戦時中軍部批判していた者

これ、正木ひろしのこと言ってんだとしたら大爆笑もんだな。
「戦時中に言論の自由があった」ことの証左として彼の活動が引き合いに出されたんじゃ、
さぞや正木さんも草葉の陰で苦笑いしまくりでしょう。

59 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:34 ID:wPnNYTxH
>>57
でも作る会教科書自体に対する批判は
その他の”進歩的文化人”よりむしろヒステリックだったけどね(w
朝日かどこかに載ってたのを見たけど、論理性の欠片も見られなかった。

60 :朝まで名無しさん:02/12/04 23:39 ID:/fRE/fnY
>57
さすがに以前の言質と整合性をもたせることが出来なかった
ため渋々だと推測している。
それでも彼の過去の行状からすれば、もっとも立派かもしれないけど。


61 :朝まで名無しさん:02/12/05 00:06 ID:8sef8Qve
家永の転向云々について言ってる人がいるけど、
彼は過去の自分の行いや態度を悔いているということを度々書いていた。
つまりそれによって自分の過去を隠蔽するような卑怯な転向、ではないということ。
隠蔽しながら首相にまでなった人もいたようだが、そういうものではない。

それから家永はアメリカの日本人に対する爆撃などに関する戦争責任にも言及している。
「日本はまったく悪くなかった、一方的な被害者だ」というような態度から出るアメリカ批判
等とは比べ物にならないくらい、説得力のある米国批判だった。

62 :朝まで名無しさん:02/12/05 00:17 ID:Uix/N8hU
>61
過去の件は隠蔽ないし正当化していたと思います。
ソ連&文革等はどう評価していたの?

63 :朝まで名無しさん:02/12/05 01:19 ID:T5bZNoPa
>>61
>それから家永はアメリカの日本人に対する爆撃などに関する戦争責任にも言及している。
それは初耳。
ソースなどあったら読みたいので教えてくれ。

64 :朝まで名無しさん:02/12/05 01:23 ID:qdr23Z1U
歌だ光るはサウスポーなのか?

65 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:14 ID:9M/LU2qm
それにしても。
たかがウタダ一人が家永を支持した発言をした程度で、何故こんなに舞い上がってるのかが理解不能なんだが。
所詮二十歳そこそこの小娘の言うことだし、別にウタダの意見が完全無欠というわけでは全くないんだが。
自分と考え方の近しい人間、あるいは対立する人間と反対の立場の人間を過剰に持ち上げて権威化する図式って、
ホンカツなんかがよくやる手口だよな。

しかし自称リベラルの人間ってやたらと権威を持ち出すの好きだねえ。毎度の事だけど。
そんなに自分に自信がないんだろうか、と思う今日この頃。

66 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:16 ID:iDP8znaX
家永の主著のひとつである『戦争責任』(岩波書店)は、「日本帝国や日本人は残虐だ」
ということを喧伝している本ではなく、戦争責任の全体像を「体系的に構成しようとした」本。
「責任」の意味について考えることから始めて、「誰の」「誰に対する」責任についても
もれなく言及しようとしている。

例えば日本国のヴェトナムに対する責任とか、中立国に対する責任とか、
「国民の自由権利を破壊し、戦争反対・早期終結を封殺した責任」とか、
各章で細かく実証的に論じられている。さらに、
「日本と戦った連合国諸国側の日本国・日本国民に対する責任をあわせて考慮しなければ、
一方的との批判を免れまい」として、米国やソ連の日本に対する責任についても
数十ページが割かれている。

すべての引用には当然ソースが明記されているので、誰にとっても有用な本。
もちろん自分自身の戦争責任についても、言及しているよ。

67 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:23 ID:TVbNmWfM
>>65
宇多田の文章はそんなに政治的には書かれてないだろう。
アメリカンスクールで「新日本史」が使われたということを書いて
彼女なりに追悼の意を表しただけで、そんなに過剰反応するのは
変だって。

http://www.toshiba-emi.co.jp/hikki/from_hikki/index_j.htm

68 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:41 ID:9M/LU2qm
>>67
>>宇多田の文章はそんなに政治的には書かれてないだろう。

でもそれで大喜びしてる馬鹿もいるしさあ。
一応、釘は刺した方がいいかな、と思って。

69 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:52 ID:H6EsaIFL
>>65
ウタダがどこで権威化してた?

アフォのウヨに権威好きが多いのは知ってますが。


70 :朝まで名無しさん:02/12/05 04:56 ID:9M/LU2qm
>>69
>>【右翼や】ヒッキーが家永氏を礼賛【哀れ】

このスレタイは何だ?


71 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:00 ID:H6EsaIFL
カルト右翼よりはマシだよ、どっちにしろ。

72 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:03 ID:9M/LU2qm
>>71
>>カルト右翼よりはマシだよ、どっちにしろ。

カルト右翼の定義は?
具体的に右翼より自称リベラルの方がマシっていう根拠は?
言ってみ?

73 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:06 ID:H6EsaIFL
>>72
リベラルに「教え」は必要ありません。

カルトの金太郎飴にはカナイマセン。

74 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:07 ID:9M/LU2qm
>>73
何が言いたいのかさっぱりわからんが……。

75 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:10 ID:H6EsaIFL
>>74
君の言ってることが金太郎飴ウヨ。

76 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:28 ID:tm2YfOk4
ていうか、この程度のこと言うのが普通だと思うが。
家永さんが死去した時、話題に上げるのは当然だと思うけど。
深い意味でなくて。
上機嫌でも不機嫌でもなく。


77 :朝まで名無しさん:02/12/05 05:29 ID:H6EsaIFL
>>76
西尾が死んだ時の「この程度」は随分違うけどね。

78 :朝まで名無しさん:02/12/05 11:37 ID:hf0V2v8p
>>65
宇多田がどうのというより、家永が戦後日本にいかに重大な影響を与えてきたかと
いうことだろうよ。

79 :朝まで名無しさん :02/12/05 11:54 ID:/74iZfPK
>>78
家永の教科書は読んだ人なんて普通の日本人では皆無。
アメリカンスクールだから例外的に生徒が読めたという話だよ。
あのメッセージはそういうことがわかるから面白いわけさ。

80 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:10 ID:ZIkovJOk
つーか右翼はウタダなんて聴かないだろうに。


81 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:24 ID:KNWJIqS9
あー。ヒッキーて宇多田のことか。

てっきり「引きこもりサヨクが家永氏を礼賛で右翼が哀れ」だとばかり・・・。

82 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:28 ID:ei6QqPo3
>>81
ヒッキーじゃなくHikkiと書くべきだったな(w
あと、ソース(宇多田公式HP)のリンクをはっておくべき。

>>80
ウヨは何を聴いてるんだ? パンクか?

83 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:45 ID:ZIkovJOk
>>82
軍歌(平和珍軍のHPで流れてるヤシね)。


84 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:48 ID:v+Bi47fU
パンクは本来サヨが聞くものだよ。
ウヨは軍歌よりもクラッシックじゃない?(街宣はヒッキとか流行り物だろうけど。

85 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:53 ID:ei6QqPo3
>>84
しかし、イギリスのニューファシストはパンクというイメージも
あるけどな。
ウヨがマジで軍歌聴いているとしたら、いかにも自分たちは時代錯誤です
と認めているようなもんで笑っちゃうな

86 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:55 ID:o5fw80iW
>1
ヒッキが礼賛、で地中の家永が喜んでるとは思えねえが(w

87 :朝まで名無しさん:02/12/05 15:58 ID:ei6QqPo3
>>86
礼賛はしとらんよ。面白かった、言いたいことはよくわかる、という
感じだな。

88 :朝まで名無しさん:02/12/05 16:09 ID:v+Bi47fU
>>85
ああ、確かに言われて見ればそう言ったイメージは最近あるのかもね。
チョト前まではバンド名だけでもハノイ・ロックスやスターリソ、セックス・ピストルズの代表曲と言えば
God Save THE Queenだったけど。

時代が変わったのかな。

89 :朝まで名無しさん:02/12/06 01:56 ID:AETj7jsD
アメリカンスクールって検定済み教科書でなくてもいいんだ。一条校じゃ
ないからね。

これを機に若い世代に「家永ブーム」が起きるといいけど。

90 :朝まで名無しさん :02/12/06 02:00 ID:2evxUfEx
>>89
さすがに家永ブームなんてのは起きないだろ。
それに、家永の新日本史って、現在でも書店で購入可能なのか?

91 :朝まで名無しさん:02/12/06 02:26 ID:+lLl8IKP
一時、オザケンだか小山田だかが絶賛したことで浅田彰が密かなブームになったように、
もしかしたら家永ブームもw。

92 :朝まで名無しさん :02/12/06 04:05 ID:SWDSjTnI
宇多田のメッセージは、家永の教科書が素晴らしいということを
伝えているのではないね。そうじゃなく、日本の学校で一般には読むことが
出来ない家永教科書をアメリカンスクールでは読むことが出来たという点が
大きなポイントなんだろうね。

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)